Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

大人と子どもの違い

公開日: : 最終更新日:2016/01/28 ピアノレッスン, 幼児教育

大人と子どもは理解の仕方が違います。

音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、大人が気づかない部分の気付きに、感心させられる事があります。

日常生活でも、子ども達の行動には全部意味があると思うんです。

イタリアの医師でもあり幼児教育家でもある、マリア・モンテッソーリは、「子ども

と大人が、具体的にどのように違うのか、理解しなければならない。」と言っていま

す。

そして、「子どもを理解することは、大人自身が変わる為。子どもを見る目と心を磨

くことによって、大人自身が変わる」と…

子ども達の心に近づく事は、大人自身の心も磨かれるんですね。(*^o^*)

 

2歳になったばかりのSちゃん。

好奇心旺盛で、ただ今第1反抗期(⌒▽⌒)

意思が強くて、いやいやの時期ですが、集中する時は凄いんです。

お歌が大好きで、集中して聞く耳を持っているので、1回歌ったら覚えてしまいます(^∇^)

これは読譜の導入のレッスン。

わき目もふらずに黙々と…(o^^o)

image

読譜は特に、大人と子どもの理解が違います。

楽譜は右に進むのに、鍵盤の方向は右に進んだり、左に進んだり…(^^;;

でも、子ども達が理解しやすいように進めていき、じっくり待ってあげる。

子ども達は、覚えてしまったらどんどん読めていきます。o(^_^)o

日常生活でも、ピアノレッスンでも、大人はじっくり待つ姿勢が大切ですね(^o^)/

グリュックピアノ教室は、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを、心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

こだわりが大切な理由

こだわり。 皆さん持っていると思います。 こだわりとは、信念、ポリシーがある事。

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

感動する心が自然に育つ

感動する心。 音楽や絵画には、人を感動させる力があります(^^) いつも元気な3歳のNち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑