イメージを音で表現すること

公開日: : 最終更新日:2015/05/19 ピアノレッスン, レッスン方法, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

その事が出来る1番の近道、絵本を使ったピアノレッスンをしています。

絵本複数の

絵本を使ったピアノレッスンとは…

毎回のレッスンで、絵本の物語りに合ったメロディーを弾きながらの読み聞かせをします。

そして、生徒さん自信にもメロディーを付けて貰います。

初歩の頃から、絵本の物語りに合った音楽を聴き、絵本と音楽の一体感を感じること

そして、自分でも感じたままメロディーをつけること。

この事が習慣になると、イメージを音で表現する事が出来るようになります。

これは、習い初めのときにこそ身につけなければいけない、と思います。

イメージを音で表現することが出来るようになれば、自分で練習する時も、

自分の想いで 自分の力で、演奏できます。

njnachan2

ピアノを弾く事は、ただ楽譜通りに弾くことではありません。

最も大事なのは、表現です。

イメージ感覚を育てる事が、ピアノを弾く時に大切なこと。

音で表現することを続けている間に、感じる心が増え、どうやって弾きたいのか、自分自信に問う事が出来るようになります。

生徒さん達には、ピアノで表現することの楽しさを知って貰いたい!(^∇^)

これから先ずーっと、弾く事が楽しい、と思って貰いたいですね。^o^

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねp(^_^)q

関連記事

音楽と絵画、そして絵本

音楽と絵画は共通点が多いです。 感情表現、創造性、想像力、など… 音楽の刺激を受けて製作

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

何故、表現力が大切なのか

ピアノ演奏に大切な表現力。 表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。 幼稚園の頃から音楽付

記事を読む

絵本を取り入れたレッスンで身につく事は

グリュックピアノ教室では、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を取り入れた ピアノレッスンをし

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑