イメージを音で表現すること

公開日: : 最終更新日:2015/05/19 ピアノレッスン, レッスン方法, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

その事が出来る1番の近道、絵本を使ったピアノレッスンをしています。

絵本複数の

絵本を使ったピアノレッスンとは…

毎回のレッスンで、絵本の物語りに合ったメロディーを弾きながらの読み聞かせをします。

そして、生徒さん自信にもメロディーを付けて貰います。

初歩の頃から、絵本の物語りに合った音楽を聴き、絵本と音楽の一体感を感じること

そして、自分でも感じたままメロディーをつけること。

この事が習慣になると、イメージを音で表現する事が出来るようになります。

これは、習い初めのときにこそ身につけなければいけない、と思います。

イメージを音で表現することが出来るようになれば、自分で練習する時も、

自分の想いで 自分の力で、演奏できます。

njnachan2

ピアノを弾く事は、ただ楽譜通りに弾くことではありません。

最も大事なのは、表現です。

イメージ感覚を育てる事が、ピアノを弾く時に大切なこと。

音で表現することを続けている間に、感じる心が増え、どうやって弾きたいのか、自分自信に問う事が出来るようになります。

生徒さん達には、ピアノで表現することの楽しさを知って貰いたい!(^∇^)

これから先ずーっと、弾く事が楽しい、と思って貰いたいですね。^o^

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねp(^_^)q

関連記事

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

自信がつく魔法の言葉かけとは

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜 花マル〜!! 「

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑