ピアノレッスンに絵本を使う理由

公開日: : 最終更新日:2014/07/30 リトミックレッスン, 特別なレッスン方法

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにも   リトミックレッスンにも

絵本はかかせません。幼児期に絵本が大事だという事は、皆さんご存知だと思いま

す。絵本と一言で言っても、いろんな絵本があります。

私がいつも使用する絵本は、

image

 

必ず私自身が、素敵!  綺麗! と思う絵本です。ヨーロッパの絵本作家さんの物が多い

のですが、絵画のような色彩で、本当に癒されます。

何故、子どもっぽい絵本ではないのか?

一番の理由は、幼児さんの頃から、綺麗な絵本を見る事が芸術的な感性を磨く、とい

うこともありますが、耳で聞く音楽も、目で見る絵画や絵本も、大人用、子供用と分

けるのに、少し疑問があるからです。このように書くと語弊があるかもしれませんね

(^^;;

決して子供用の絵本や曲が良くないと言っているわけではありませんので…

私の生徒さんは、私がお家にいくと最初に、「今日の絵本はなに?」と聞いてきま

す。みんな絵本が大好きで、弾き語りでの読み聞かせが大好きです。レッスンで毎回

していると、本当に不思議と、ピアノを弾く時に表現力が付いてきます。小学生にな

って、悲しい感じで弾いて、とか楽しい感じで、とか説明しなくても、自然に身に付

いて弾いてくれます。幼児さんの時の吸収力ってすご〜い!とワクワクする瞬間です

(^。^)
吹田市、豊中市、摂津市にお住いの、絵本を使ったピアノレッスンに興味がある方

お気軽にお問い合わせくださいね(^_^)

関連記事

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣

ピアノを演奏する時に大事なことは何だと思われますか? 楽譜を読むこと、リズム感なども、もちろん大切

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。 まず、大きなリズムボードで、リ

記事を読む

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

コミュニケーションの大切さ

昨日は、柏原市の、障がい児の子ども達の施設での音楽レッスンの日でした。 ここでは、座って出来る

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

暗譜が早くなるコツとは

暗譜って? 皆さんご存知だと思いますが、簡単に言うと、楽譜を見ないで、覚えて弾く事です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑