幼い生徒さんのレッスンの秘訣

公開日: : 最終更新日:2014/06/11 リトミックレッスン, 出張ピアノ教室, 特別なレッスン方法

image昨日は、4歳のみうちゃんと、妹のももちゃんのレッスンの日でした。

ももちゃんは、2歳なので、今までリトミック中心に、ピアノの導入を織り交ぜながら、レッスンをしてきました。

でも今日から、ピアノの椅子に座って、教本も「これがももちゃんのご本だよ〜」と渡して、お姉ちゃんのみうちゃんと同じように、レッスンすることにしました。

するとどうでしょう(o^^o)

今までリトミックの時は、ちょっとおふざけ混じりにしていたのに、椅子にきちんと座って真面目にレッスンを受けてくれました〜(^_^)v

2歳くらいの生徒さんは、ピアノはまだだからリトミック、と思いがちですが、その生徒さんによって違うと思います。

特にお姉ちゃんのレッスンをよく見ている子は、ピアノの前に座って、レッスンしま〜すっていう感じを、自分も早くしたいと思っています。

ももちゃんの場合も、お姉ちゃんと同じようになんでもやりたい年齢なので、すごく嬉しかったみたいです。

こうなると、どんどん吸収してくれるんですよね〜(*^^*)

人生でもそうですが…

レッスンの進め方にも、タイミングって本当にすごく大事ですよね。

ここで、この方法を取り入れて良かった!    ここでこの曲を渡して良かった!と思えた時、ワクワクします。

こういう時に、本当に楽しい仕事だな〜  ピアノ教室をしていて良かった〜とつくづく思いますo(^_^)o

ピアノ教師って

子ども達が吸収力抜群の時期にレッスンする訳ですから、責任重大です。

だからこそ、たくさんの知識と経験の引き出しを持って、レッスンに望まなければいけませんよね。

ピアノ教室だけど、幼児教育の知識と経験も、大事だな〜と思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添った、ピアノレッスンを出張専門で、行なっています。

吹田市、豊中市、摂津市で、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^。^)

 

関連記事

音を聞く力がつく方法 その1

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。 グリュックピアノ教室では、長所

記事を読む

ピアノレッスンに必要な、質の高い絵本とは

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにもリトミックレッスンにも、絵本を使っています。

記事を読む

何故、ピアノのレッスンに絵本を使うのか

グリュックピアノ教室では、ピアノのレッスンにもリトミックレッスンにも、必ず 絵本を使います。

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

絶対音感と日常生活の音

今日は梅雨入り前の、久しぶりの雨の日です。 最近、お休みの日はカフェでブログを書く事が多くなっ

記事を読む

綺麗な音で演奏出来るようになる秘訣

ピアノを演奏する時に大事なことは何だと思われますか? 楽譜を読むこと、リズム感なども、もちろん大切

記事を読む

出張レッスンの利点とは

小学校2年生の生徒さん、幼稚園の頃から、ピアノ演奏付きの絵本読み聞かせが大好 きで、表現力がと

記事を読む

コミュニケーションの大切さ

昨日は、柏原市の、障がい児の子ども達の施設での音楽レッスンの日でした。 ここでは、座って出来る

記事を読む

ピアノを弾く事を楽しめるコツ

色んなものをアレンジするのって、楽しいですよね。 お料理とか、部屋のアレンジとか… 曲も

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑