Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

ピアノ教室と幼児教育

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 出張ピアノ教室, 特別なレッスン方法

幼児期の子ども達のお母様が、ピアノ教室に望んでいらっしゃる事は、上手にピアノ

が弾けるようになって欲しい、だけではないのでは、と思います。

もちろんピアノ教師の私達は、ピアノが上手に弾けるように、レッスンするのですが

大人の方はともかく、子ども達のレッスンはそれだけではないように思います。

幼児期の子ども達は、敏感期とも言われ、すごい速さで色んな事を吸収していきます。

image

 

この時期に、音楽に触れる事はとても大事なことで、後々に必ず感性が高められます。

私は、以前モンテッソーリ教育の保育園で保育士をしていた経験があります。

その頃の勉強が今でも、本当に役立っています。この教育方針は、ピアノ教室にも必要だと思えることが、数多くあります。

モンテッソーリ教育というのは、イタリアのマリア、モンテッソーリという方が考案された教育法です。

奥の深い教育法なので、簡単に語ることは出来ませんが、

子ども達は、大人に、自分でなんでも出来るように手伝って欲しいと思っている、子どもの行動を見守ることの大事さを、伝えています。

大人がゆっくりして見せることで、子ども達は何でも自分で出来るようになります。

モンテッソーリの園では、教育法に基づいた色んな教具があり、段階を経て難しくなっていくのですが、ゆっくりして見せることで、子ども達は、難なく出来るようになっていきます。^ – ^

私がピアノレッスンで大事にしていることは、この待つ事、そしてゆっくりして見せることです。

こちらが、待つ事で、子ども達も待てるようになり、先々に全体を把握して考える事が出来るようになります。

絵本の弾き語り(演奏をしながらの読み聞かせ)でも、間(ま)を大事に音楽と調和させながら読むことで、子ども達は、待つことが出来るようになります。

これはピアノ教室に限らず、大事なことですよね(*^_^*)

以前は絵本の弾き語りを聞く時に、先が気になって、なかなか待てなかった生徒さんが、今は待てるようになり、お母様のお話だと、日常生活でも、落ち着いて待てるようになった、とおっしゃっていました。

グリュックピアノ教室では、出張専門でピアノレッスンをしています。吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^_^)

 

 

 

関連記事

子ども達の感性を磨く、大事な事とは

音育 ピアノ教室は、子ども達の耳を育て、心を育てる場所です。 つまり、音育です。幼児期には最

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その1

ピアノ教室は、他の習い事とは少し違って、お家で練習して貰う必要があります。 でもこの練習、特に

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

出張レッスンのニーズが増えている理由とは

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。 上のお子様にピアノを

記事を読む

クリスマス前のワクワク感

12月にはいったら、レストランやホテルでの演奏の仕事で弾く曲は、もっぱらクリスマス曲です。

記事を読む

出張レッスンが好まれる理由

グリュックピアノ教室は出張専門のピアノ教室です。 生徒さん達の多くは… 上の子がピアノを習い

記事を読む

出張レッスンの利点とは

小学校2年生の生徒さん、幼稚園の頃から、ピアノ演奏付きの絵本読み聞かせが大好 きで、表現力がと

記事を読む

上手な褒め方の秘訣とは

「ほめる」 ほめる事は、ピアノ教室だけではなく、子ども達のやる気を促す、最も大事な事です。

記事を読む

見守る事の大切さ

私は朝はパン派です。パン好きで特に天然酵母パンが大好きです(*^_^*) 毎日ホームベーカリー

記事を読む

暗譜が早くなるコツとは

暗譜って? 皆さんご存知だと思いますが、簡単に言うと、楽譜を見ないで、覚えて弾く事です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑