手の形が良くなる練習方法、ショパンの手とは?

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 練習方法

前回に少し触れましたが、ショパンの手!

で手の形が良くなる、と書きました。

どのようにしたら手の形が綺麗になるのか…

何故、ショパンの手!なのか…

image

 

ショパンは、演奏も作曲も天才的でしたが、ピアノ教育も、教則本を出す計画をして

いたほどだったそうです。

自分で生み出した色んなメソッド法で、後進の指導をしていた、と言われています。

その中の1つで、指の形を綺麗にするために、ショパンが弟子達に教えていたこと

それは…

ミ、ファ#、ソ#、ラ#、ド、の場所に1、2、3、4、5の指を順番に置く(左手は

逆で5の指から順番)

ショパンはこの形が、最も自然で綺麗な形だと、基本にしていたそうです。(^_^)

グリュックピアノ教室では、その形をショパンの手!と言って、その場所に手を置い

て、指を順番に動かす練習方法を、レッスンの時にも、お家での練習の時にも、取り

入れて貰っています。

まだ小さいお子様の場合は、1と5の指を狭めて、ミをファにしたり、ドをシにした

り、することもあります。

黒鍵の部分は必ずこの位置にします。

それにプラス、前回に、になちゃんのレッスンの所で書いた、指が鍵盤から離れない

ように、鍵盤に離れやすい指の場所だけシールを貼ったりします。

この時に、手首が硬くならにように、気をつけます。

ピアノを弾く時の手の形は、癖がついてしまうと、なかなか治すのに時間がかかりま

す。

でも、あまり手の形にこだわり過ぎると、手首が硬くなってしまい、綺麗な音が出せ

ません。

タイミングを考えて、導入していくことが大事だと思います(^^)

ショパンが生み出したメソッド法は、シンプルで効果が現れるメソッドがたくさん

あります。

その事は、また今度書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達が楽しんで学べる方法を、試行錯誤し、

レッスンに取り入れています。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合

わせくださいね(*^o^*)

お待ちしています〜(*^^*)

 

 

関連記事

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その1

ピアノ教室は、他の習い事とは少し違って、お家で練習して貰う必要があります。 でもこの練習、特に

記事を読む

指と手首とタッチの関係

ピアノを弾く時に大切な指の動きについて。 ピアノを奏でる時に重要な、鍵盤を押さえるタッチのこと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑