子ども達の感性を磨く、大事な事とは

公開日: : 最終更新日:2014/06/17 幼児教育, 特別なレッスン方法

image音育

ピアノ教室は、子ども達の耳を育て、心を育てる場所です。

つまり、音育です。幼児期には最も必要な事だと思います。

耳の感性を磨くことで、心の感性も磨かれます。

ピアノの音や音階になってない音を聞く事も、大事な音育です。

例えば鳥の声や川のせせらぎ、木々が風で揺れている音、雨の音…

静かにこれらの自然な音を聞く事は、大人も癒されますよね(^_^)

子ども達にこういう時間を与えてあげる事で、落ち着いた、じっくり物を考える事が出来る大人に成長します。

でも、都会に住んでいると、お休みの日以外は、こういった自然に触れる事は難しいのが現実です。

その時に、自然をイメージ出来る、自然の代わりのようなもの…

それが綺麗な絵画のような絵本だと、私は思います。

グリュックピアノ教室では、絵本の弾き語り(即興でピアノ演奏しながら、絵本の読み聞かせをする)をレッスンに取り入れています。

毎回のレッスンでしている事で、生徒さん達は、絵本を見ると音楽が流れ出てくるようになります。

自然と音楽と絵本、音育にかかせないもの達です ^_^

食育

食育は音育と同じ、心が磨かれると思います。

私は、野菜が好きで、特に有機野菜が甘くて大好きです。

野菜は生で食べると、酵素が採れます。野菜好きなおかげで、健康体です(*^_^*)

美味しいドレッシングを作って、色んな野菜をサラダで食べます。

サラダだけではなく、メインも副菜も作りますが…(^^;;

生で食べると量が食べれない、と言う方もおられると思いますが、酵素を取る為には生の方が良いそうです。

ドレッシングが美味しいと、いくらでも食べれますよ(o^^o)

特に生で食べてお勧めの野菜は、ホウレン草です。

苦味がなくて、美味しいんですよね〜(*^^*)

私の生徒さんで2人、おじいちゃんのお家が畑を持っていて、野菜を作っていらっしゃる方がいます。(羨ましいです〜^o^)

新鮮に採れた野菜をサラダで食べるとおっしゃっていました(o^^o)

幼児期、児童期に野菜中心の、バランスの取れた食事をしている子ども達は、好き嫌いがなく、心も体も健康な大人になってくれると思います。

音育、食育、共に心を育て、感性を育む大事な教育です。

グリュックピアノ教室では、音育を大事に考え、絵本を取り入れたレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね(^.^)

 

 

 

関連記事

幼児期にしか身につかないこと、それは…

私の父も母も音楽好きで、私がお腹にいる時から、クラシックやポピュラーなど 色んな音楽を聞かせて

記事を読む

ピアノ教室と幼児教育

幼児期の子ども達のお母様が、ピアノ教室に望んでいらっしゃる事は、上手にピアノ が弾けるようにな

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

自信がつく魔法の言葉かけとは

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜 花マル〜!! 「

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

子ども達の心に寄り添うピアノレッスンとは

5歳になったばかりのミウちゃんは、負けず嫌いで頑張り屋さん(*^_^*) 2つ違いの、

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

言葉かけの大切さ

環境って、とても大切です。 ピアノに限らず、何でもそうですが… 特にピアノのレッスンは、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑