やり遂げる力を養う

公開日: : 最終更新日:2015/10/18 ピアノレッスン, 幼児教育

モンテッソーリ教育。

DSCN1393

私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だと感じ、モンテッソーリの園に勤めていました。

モンテッソーリ教育の園では、数ある教具の中で、自分で選んだ物を最後までやり遂げます。

その教具を、他の誰かが使っている時は、静かに終わるのを待って、前の人が終わってから使用します。

その行動を「お仕事」というので、難しく聞こえるかもしれませんが、みんな「頑張る」という意識ではなく、楽しいからやってみてるっていう感じです。(^ ^)

そして結果、色んな事が身に付き、集中力も待つ力も育ち、やり遂げる自信も身につきます。

「待つこと」「やり遂げること」を幼児期に身につける事は本当に大切。

モンテッソーリ教育では、教育者側も子ども達が出来るようになるのを待つことが基準です。

日常生活でも、その子が「こうしよう」と思っている事を制して、「こうだよ」と言ってしまうと、考える力や、やり遂げる力が育たず、芽を摘んでしまう事になりますよね。DSCN0261

教具のやり方を指導する時は、ゆ〜くりと何回もやって見せます。言葉ではなくやって見せるんです。(^∇^)

これで子ども達は、覚えることが出来、自立心にも繋がります。

グリュックピアノ教室では、モンテッソーリ教育に倣って、子ども達が出来るようになるのを「待つこと」「ゆっくりお手本を見せること」「やり遂げるのを見守ること」など心掛けています。(^o^)/

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^。^)

 

 

関連記事

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

指と手首とタッチの関係

ピアノを弾く時に大切な指の動きについて。 ピアノを奏でる時に重要な、鍵盤を押さえるタッチのこと

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑