いつでも始められる音感教育とは

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 ピアノレッスン, リトミックレッスン, 幼児教育

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。

image

 

京都の今出川にある、a la chalamont

店内もめちゃくちゃ可愛くて、お料理もすごく美味しい、素敵なお店です。

 

お客様も外人さんが多くて、

 

image

本当、向こうのレストランみたい(^∇^)

 

ヨ-ロッパ、特に私はオ-ストリアが大好きなのですが、

あちらの音楽教育は、実は…

日本ほど、早い時期からではないようです。

なのに何故、あんなに多くの素晴らしい音楽家が育つのか?

あちらは、小さい頃から教会に通っている子ども達が多いこと、

教会には聖歌隊があり、そこでは自然と音楽教育がなされています

それを体で覚えていくのだと思います。

 

ウィ-ンでは、ホーフブルク王宮礼拝堂でのミサで、ウィーン少年合唱団の天使のよ

うな歌声を聞くことが出来ます〜(≧∇≦)

image

前の週にチケットを買っておくと、ミサに出席することができるんです~

一緒に写真も撮ってくれます~(*^◯^*)

image

やっぱり環境って大事ですよね。

日常生活で、どこかから何かしらのクラシック音楽が流れている、といった環境も

大きく作用するのでしょうね。

日本では、そのような環境ではない分、お家での音楽環境が大切です。

美しい音楽をたくさん聞く事は、お腹の中にいる時から始められます。

これはもう立派な、音感教育だと思います。(^ ^)

 

グリュックピアノ教室では、リトミックは5ヶ月から、ピアノレッスンは2歳から

レッスン出来ます。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

音楽と心の繋がり

グリュックピアノ教室は、楽しくをモットーとし、かつ技術的にもしっかり学んで 貰えるようなレッス

記事を読む

自然の凄さ

自然とは… 山や海、草、木、などの意味もありますが、ありのままの〜こと(アナ雪じゃありませんが

記事を読む

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑