いつでも始められる音感教育とは

公開日: : 最終更新日:2014/09/17 ピアノレッスン, リトミックレッスン, 幼児教育

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。

image

 

京都の今出川にある、a la chalamont

店内もめちゃくちゃ可愛くて、お料理もすごく美味しい、素敵なお店です。

 

お客様も外人さんが多くて、

 

image

本当、向こうのレストランみたい(^∇^)

 

ヨ-ロッパ、特に私はオ-ストリアが大好きなのですが、

あちらの音楽教育は、実は…

日本ほど、早い時期からではないようです。

なのに何故、あんなに多くの素晴らしい音楽家が育つのか?

あちらは、小さい頃から教会に通っている子ども達が多いこと、

教会には聖歌隊があり、そこでは自然と音楽教育がなされています

それを体で覚えていくのだと思います。

 

ウィ-ンでは、ホーフブルク王宮礼拝堂でのミサで、ウィーン少年合唱団の天使のよ

うな歌声を聞くことが出来ます〜(≧∇≦)

image

前の週にチケットを買っておくと、ミサに出席することができるんです~

一緒に写真も撮ってくれます~(*^◯^*)

image

やっぱり環境って大事ですよね。

日常生活で、どこかから何かしらのクラシック音楽が流れている、といった環境も

大きく作用するのでしょうね。

日本では、そのような環境ではない分、お家での音楽環境が大切です。

美しい音楽をたくさん聞く事は、お腹の中にいる時から始められます。

これはもう立派な、音感教育だと思います。(^ ^)

 

グリュックピアノ教室では、リトミックは5ヶ月から、ピアノレッスンは2歳から

レッスン出来ます。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

 

 

 

 

 

関連記事

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで 3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

no image

ピアノレッスンに絵本を使う理由

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにも   リトミックレッスンにも 絵本はかかせ

記事を読む

得意な曲を最初に弾く事が大切な理由

レッスンの時、練習がよく出来た曲、好きな曲、などから弾いて貰うことは、大事な事だと思います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑