縦割りの良さとは

公開日: : 最終更新日:2015/10/22 ピアノレッスン, 幼児教育

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。

異年齢混合の縦割りクラスは、お互いから学び合える良さがあります。

年下の子は年上の子の活動を見て、「あんな風に上手に出来るようになりたい!」と刺激を受け、頑張ります。

年上の子は、年下の子の世話をすることや、教えることで自分自信も学ぶことが出来思いやりも育ちます。

姉妹の絵本

私は、ピアノ教師になる前、モンテッソーリの園に勤めていました。

ここで学んだ事は、ピアノ教師になった今、本当に役に立っています。

モンテッソーリ教育は、縦割りクラスです。

自分で選んだ教具を納得いくまで繰り返すのですが、その時教師側は、その子が出来るようになるまで待っています。

それを見ている子ども達は、自分たちも小さい子に接する時、待つ姿勢で教えてあげる事が出来るんですよね。

 

1歳7ヶ月のSuちゃん。

先月から、ピアノレッスンを始めました〜(^∇^)

まだ小さいので、最初はリトミックを取り入れてレッスンをしていこうと思っていたのですが…

Suちゃん、興味のあることはじっと座って集中します。

読譜の導入の、ホワイトボードにカラーマグネットを置いていく作業が大好き。

ふよみ

それでもまだ、1歳7ヶ月。  色んな物に好奇心旺盛。(o^^o)

それを、集中させてくれるのが、従姉妹のお姉ちゃん。5歳のSaちゃんです。

Saちゃんもピアノを習い初めてまだ2ヶ月目なのですが、上手に、Suちゃんを誘導してくれるんですよね〜(^^)

そのSaちゃんも、3年生のお姉ちゃんのKちゃんのレッスンが気になって、こっそり覗いていて、9月から習い初めてくれるようになったんです。

みんな、お姉ちゃんの姿はお手本なんですね。(*^o^*)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^。^)

 

 

 

 

 

関連記事

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

子ども達の夏の成長

5歳のTちゃん、お盆で1週だけお休みして、2週間ぶりのレッスン。 なんか急にお姉ちゃんになって

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑