子ども達が練習をやる気になる方法 その3

公開日: : 最終更新日:2014/07/12 幼児教育, 練習方法

子ども達が練習をやる気になる方法   その3

その1    練習回数を、自分で決める

その2     プチライバルを作る

その3     良いところを褒める   です。

image

 

グリュックピアノ教室では、注意点を言うよりも先に、良かったところをすご〜く褒めます。

これは、大人でも同じなのではないかな〜と思うのですが、褒められると、テンションも上がるし、自信にもなります。

これは長所を褒めるっていう事にも繋がりますが、

長所をどんどん伸ばしていってあげることが、大事なのではないかな〜と思うんですよね(^-^)

私の父が崇拝していて、本も出されている会社のコンサルタントの方は、会社をコン

サルする時、長所しか言わないそうです。

その業界ではナンバー1のコンサルティング会社だそうです。

ピアノ教室の場合は、注意点を言わないわけではありませんが、良いところを思いっ

きり褒めて、良い部分を伸ばしてから、

その後に、こうしたらもっと良い演奏になるって、注意点を言ってあげた方が、やる

気が十二分に、アップすると思うんですよね(*^^*)

上手な褒め方の秘訣  

のところでも書きましたが、褒める時は、具体的に褒めてあげることが大事です。

その2で書いた、5歳のちひろちゃん、「音と音が繋がって弾けてたよ〜、綺麗な音だね〜」

など、音に対して良いところを伝えていたら、聞く力がすご〜くついてきましたV(^_^)V

これは、ピアノを弾く時に、最も大切なことです。

次回は聞く力について、書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね(o^^o)

 

 

 

 

関連記事

音を聞く力がつく方法 大人編

今回は音を聞く力がつく方法  大人編です。 耳コピってご存知ですか? 私は、ホテルやレス

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

ピアノを弾くことで性格が分かる

体験レッスンで初めて合う子ども達。 恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

子ども達が、練習をやる気になる方法 その2

子ども達が、練習をやる気になる方法  その2 プチ ライバルを作る これは、妹さんでもお友達

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑