子ども達が練習をやる気になる方法 その3

公開日: : 最終更新日:2014/07/12 幼児教育, 練習方法

子ども達が練習をやる気になる方法   その3

その1    練習回数を、自分で決める

その2     プチライバルを作る

その3     良いところを褒める   です。

image

 

グリュックピアノ教室では、注意点を言うよりも先に、良かったところをすご〜く褒めます。

これは、大人でも同じなのではないかな〜と思うのですが、褒められると、テンションも上がるし、自信にもなります。

これは長所を褒めるっていう事にも繋がりますが、

長所をどんどん伸ばしていってあげることが、大事なのではないかな〜と思うんですよね(^-^)

私の父が崇拝していて、本も出されている会社のコンサルタントの方は、会社をコン

サルする時、長所しか言わないそうです。

その業界ではナンバー1のコンサルティング会社だそうです。

ピアノ教室の場合は、注意点を言わないわけではありませんが、良いところを思いっ

きり褒めて、良い部分を伸ばしてから、

その後に、こうしたらもっと良い演奏になるって、注意点を言ってあげた方が、やる

気が十二分に、アップすると思うんですよね(*^^*)

上手な褒め方の秘訣  

のところでも書きましたが、褒める時は、具体的に褒めてあげることが大事です。

その2で書いた、5歳のちひろちゃん、「音と音が繋がって弾けてたよ〜、綺麗な音だね〜」

など、音に対して良いところを伝えていたら、聞く力がすご〜くついてきましたV(^_^)V

これは、ピアノを弾く時に、最も大切なことです。

次回は聞く力について、書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを心掛けています。

吹田市、豊中市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね(o^^o)

 

 

 

 

関連記事

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2

以前の、楽しく楽譜を読めるようになる方法では、子ども達が理解しやすい、リズムカ-ドのことを書きました

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

怒らない育児の誤解

褒め育て これはとても良いこと。 褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

記事を読む

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑