子ども達が練習をやる気になる方法 その1

公開日: : 最終更新日:2014/06/29 出張ピアノ教室, 練習方法

ピアノ教室は、他の習い事とは少し違って、お家で練習して貰う必要があります。

でもこの練習、特に習い始めの幼児さんには、簡単にはいかないですよね(;^_^A

グリュックピアノ教室では、表現を高める絵本を使ったレッスンをし、リズムボードでリズム打ち、5線譜ボードで譜読みの練習、その後、曲を弾きます。そして、曲が上がったら、新しい曲の譜読みをします。

45〜50分くらいレッスンしますが、それでも足りないくらいです。image

ある程度譜読みが出来るまでは、お家でのお母さんのご協力が必要ですが…

お子様が、練習する気になってくれないと、お母さんも大変ですよねσ^_^;

そこで…

子ども達が、練習をやる気になる方法 その1

自分で、今週は何回練習するって、決めてもらう事

この、自分で   がポイントです。

こちらが練習してきてね!って決めるのではなく、今週は何回練習する?って聞いて、

決めて貰うんです。

そして、その後も大切なのですが…

ええ〜っ そんなに? 本当に? ってびっくりすること…(笑)

そうすると、次からどんどん回数を増やしていってくれます。(o^^o)

4歳のみうちゃんは、長女でしっかりした性格です。

もうすぐ3人目の赤ちゃんも産まれます(^∇^)

しっかりしていて、自分で決めた事は必ずしてきてくれます。

そして慎重派なので、少しずつ、自分の出来る範囲を考えて、増やしていってくれます。

慎重派のみうちゃんに限らず、これなら出来そうだな〜と思う回数を、自分で決める

ことが、頑張ろう!とやる気になってくれるみたいです。

 

みうちゃんは、どんどん回数を増やして、練習してきてくれるようになりました。

朝起きて、お母さんが知らない内に、練習しているそうです。(^O^)

その2

プチ ライバルを作る

その2は次回に書きたいと思います。

私は子どもの頃、母に、練習しなさい!って言われた記憶があまりないんですよね(^^)

自然に練習するように、持っていってくれていたのではないかな〜と思います。

素直な子ども達は、大人からの的を得た、1言、2言で、やる気になってくれます。

ピュアで、可愛いですよね〜(⌒▽⌒)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添ったピアノレッスンを、心掛けています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、出張ピアノ教室にご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいねV(^_^)V

 

関連記事

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その2

音を聞く力は、ピアノ演奏にも大事ですが、歌う事にもとても大切な事です。 吸収力の良い幼児期に、

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。 まず、大きなリズムボードで、リ

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

子ども達へのアドバイスの秘訣

子ども達の新鮮な疑問や、発想にはいつも癒されます。(^-^) なるほど〜と感心させられる事もあ

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑