自分で決める事の大切さ

公開日: : 幼児教育, 練習方法

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、

グリュックピアノ教室では、ピアノを習い始めの、幼児期のお子様が練習をする気に

なってくれるように、色々考え、試行錯誤しています。

小さなお子様は、どうして練習しなければいけないのか、まだわからないですもの

ね(*^^*)

やっぱり、練習をする事で上手になっていく、そのプロセスを理解すること、がとて

も大事だと思います。

ただ練習しなければいけない、では、好奇心旺盛な子ども達には納得がいかないので

す。

どうしてなのか、練習することでこうなる、という納得して練習するように促してい

くことが大事なのではないかな〜と思います。

小学校の勉強や、宿題も同じことが言えますよね。

自分で決めた事を頑張ろうって思えるような方向に、持っていってあげる事が大切で

す。

弾けないとふにゃ〜ってなってしまって、なかなか練習する気になれかった5歳の

チーちゃん。

image

自分で練習してくる回数を決めて、その回数を練習すると、上手になってきて、合格

出来るとわかってきたみたいです。(*^_^*)

どんどん練習してきてくれるようになり、弾けるようになってきました〜V(^_^)V

ハナまるをもらえると、とっても嬉しそうな顔で、「イエイ、イエイ、タッチ〜」

お母さんとも、「イエイ、イエイ、タッチ〜」

その笑顔が、超可愛い〜んですよね〜(o^^o)

昨日のレッスンすごく集中していたので、「今日は集中してて、すご〜くがんばって

たね」と私が言うと、「今日は幼稚園から帰ってきて、遊びに行ってないからか

な〜?」とお母さん。

「ピアノの日は、遊びに行かないでがんばってみる〜?」って私が聞くと…

またまた可愛い〜顔で、苦笑いして首を傾げていました(⌒▽⌒)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添う事を心掛けて、レッスンしてい

ます。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいねV(^_^)V

 

 

 

 

関連記事

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。 まず、大きなリズムボードで、リ

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

幼児期に何故、音楽が必要なのか

三つ子の魂百までって言いますが、幼児期の吸収力って、本当にスポンジのよう ですよね(*^o^*

記事を読む

子ども達の夏の成長

5歳のTちゃん、お盆で1週だけお休みして、2週間ぶりのレッスン。 なんか急にお姉ちゃんになって

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

初歩のレッスンに大事なこととは

ピアノレッスンは初期の頃から、指の形や姿勢などがとても大切です。 ピアノの椅子には浅めに座り、

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑