学力アップの基礎作り その1

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

読書が好きなお子様は、想像力が豊かです。

読書は、人の気持ちが理解出来るようになったり、集中力アップに繋がります。

学力的側面においても、読めない感じが読めるようになったり、読解力がついてくる

ので、文章が上手に書けるようになります。

では、読書が好きになって貰うためには…

image

 

幼児期の頃から、絵本をたくさん読んであげることが大切だと思います。

この間、本屋さんで子育ての本を見ていたのですが、その中の1冊に、東大生の多く

の学生が、幼児期の頃から小学校低学年の頃まで、読み聞かせをしてもらってい

た、と書かれていました。V(^_^)V

小さい頃からの絵本の読み聞かせは、表現力はもちろん、自分で考える能動的な力

がついてくると思います。

グリュックピアノ教室では、レッスンの時に必ず、絵本の読み聞かせをします。

普通の読み聞かせではなく、ピアノ演奏付きの読み聞かせです。v(^_^v)♪

音楽付きの読み聞かせは、普通の読み聞かせ以上に躍動感があり、想像力がとても

豊かになります。

まだ、言葉を話し始めたばかりの小さなお子様にも、音楽が付いている事で、わかり

易く、言葉の言語能力を成長させる為にも、大きな役割を果たします。

音楽付きの絵本読み聞かせを聴いていることは、音楽表現はもちろん、本好きな

お子様に育ち、学力がアップします。

ピアノレッスンでの絵本の弾き語りが、幼稚園の頃から大好きな、小学校2年生の

生徒さんのお母様が、

「音読がとても上手だと先生に褒められます。本を読む時は物語に入りこんで読んで

います。」とおっしゃっていました。

本を読みながら、頭の中で、音楽が流れているのかもしれませんね。(*^^*)

 

実は、ピアノを弾く事自体も、学力アップに繋がるんです。(^.^)

どうしてなのか…

また次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたレッスンをしています。

吹田市、豊中市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(*^o^*)

 

 

関連記事

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

モチベーションを持続させる秘訣とは

ピアノレッスンで、モチベーションを持続して貰うには… 達成感を感じとれる経験が出来るように、工

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑