手の形が良くなるコツとは

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 リトミックレッスン, 出張ピアノ教室, 練習方法

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。

お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお出迎えしてくれます。

ニコニコして、玄関でスリッパを渡してくれました〜(o^^o)

お姉ちゃんと同じ事をしたくて仕方がない時期です。

可愛い〜くて、いつも癒されます〜(⌒▽⌒)

image

になちゃんはお母様のご要望で、レッスン時間が1時間15分です。

旗揚げ(絶対音感のレッスン)、絵本リトミック(ピアノを弾きながらの読み聞かせをし

た後、絵本の登場人物の動物になって、身体運動をする)、ピアノのレッスン、歌を歌

ったり、楽器演奏をするなどなど…

昨日はピアノのレッスンで気になっていたことを、重視したレッスンをしました。

になちゃんは一生懸命に鍵盤を押そうとするあまり、押さえている指以外が鍵盤を離

れてしまいます。

あまり指の事を言い過ぎると、表現が出来なくなってしまうので、タイミングを

考えていたのですが、そろそろかな〜と思い、今日は指が離れない為の指の練習

ショパンの手!です。

ショパンの手の形の鍵盤の場所に、手を置き、指が離れやすい1の指と5の指の鍵盤に

キティのシールを貼りました。

「キティーちゃんが見えたらダメだよ〜  隠れんぼさせてね〜(^∇^)」

というと、になちゃん(*^^*)

上手にキティーちゃんを隠してました。

ショパンの手とは?

何故ショパンの手にすると、手の形が良くなるのか…

そのお話は次回にしたいと思います(o^^o)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添うレッスンを心掛けています。

楽しく学べるピアノ教室にご興味のある、吹田市、豊中市にお住まいの方、お気軽に

お問い合わせくださいね。

お待ちしています〜V(^_^)V

 

 

 

 

 

 

関連記事

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

no image

ピアノレッスンに絵本を使う理由

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにも   リトミックレッスンにも 絵本はかかせ

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

幼い生徒さんのレッスンの秘訣

昨日は、4歳のみうちゃんと、妹のももちゃんのレッスンの日でした。 ももちゃんは、2歳なので、今

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

ピアノを弾けるようになる為には、楽譜を読めるようにならなければいけません。 当たり前でしょって

記事を読む

コミュニケーションの大切さ

昨日は、柏原市の、障がい児の子ども達の施設での音楽レッスンの日でした。 ここでは、座って出来る

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑