手の形が良くなるコツとは

公開日: : 最終更新日:2014/07/20 リトミックレッスン, 出張ピアノ教室, 練習方法

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。

お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお出迎えしてくれます。

ニコニコして、玄関でスリッパを渡してくれました〜(o^^o)

お姉ちゃんと同じ事をしたくて仕方がない時期です。

可愛い〜くて、いつも癒されます〜(⌒▽⌒)

image

になちゃんはお母様のご要望で、レッスン時間が1時間15分です。

旗揚げ(絶対音感のレッスン)、絵本リトミック(ピアノを弾きながらの読み聞かせをし

た後、絵本の登場人物の動物になって、身体運動をする)、ピアノのレッスン、歌を歌

ったり、楽器演奏をするなどなど…

昨日はピアノのレッスンで気になっていたことを、重視したレッスンをしました。

になちゃんは一生懸命に鍵盤を押そうとするあまり、押さえている指以外が鍵盤を離

れてしまいます。

あまり指の事を言い過ぎると、表現が出来なくなってしまうので、タイミングを

考えていたのですが、そろそろかな〜と思い、今日は指が離れない為の指の練習

ショパンの手!です。

ショパンの手の形の鍵盤の場所に、手を置き、指が離れやすい1の指と5の指の鍵盤に

キティのシールを貼りました。

「キティーちゃんが見えたらダメだよ〜  隠れんぼさせてね〜(^∇^)」

というと、になちゃん(*^^*)

上手にキティーちゃんを隠してました。

ショパンの手とは?

何故ショパンの手にすると、手の形が良くなるのか…

そのお話は次回にしたいと思います(o^^o)

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添うレッスンを心掛けています。

楽しく学べるピアノ教室にご興味のある、吹田市、豊中市にお住まいの方、お気軽に

お問い合わせくださいね。

お待ちしています〜V(^_^)V

 

 

 

 

 

 

関連記事

ピアノレッスンに必要な、質の高い絵本とは

吹田市のグリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにもリトミックレッスンにも、絵本を使っています。

記事を読む

手の形が良くなる練習方法、ショパンの手とは?

前回に少し触れましたが、ショパンの手! で手の形が良くなる、と書きました。 どのようにし

記事を読む

音を聞く力がつく方法 大人編

今回は音を聞く力がつく方法  大人編です。 耳コピってご存知ですか? 私は、ホテルやレス

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

障がい児デイサービスでの1コマ

障がい児のデイサービスや、リトミックでよく使うフラフープ。 1、2歳から小学生まで、みんな大好

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

子ども達へのアドバイスの秘訣

子ども達の新鮮な疑問や、発想にはいつも癒されます。(^-^) なるほど〜と感心させられる事もあ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑