ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

公開日: : 最終更新日:2014/08/24 ピアノレッスン

ピアノのレッスンで大事なことは…

まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する必要があります。

小さなお子様の場合…

興味を持ってくれるように、子ども達が好きなものと音楽を結びつけるなど(グリュッ

クピアノ教室では絵本を取り入れたレッスンをしています。)

わかりやすく、ペープサートを使ったり、

子ども達の好きなくっつくもので、音符の読み方を学んだり…

楽しければ楽しいほど、花マルが貰えるようにと、練習も頑張ってしてきてくれま

す。

では、子ども達が小学校に入って、

だんだん大きくなってきた場合…

小さい頃の楽しさとは変わってきますよね。

この頃に必要な楽しさは…

自分の力で弾けること、

お母さんに教えて貰わなくても、自分で弾けるようになること、

子ども達は、本当は自分で何でもやりたいんです。

それが出来れば、ピアノを弾く楽しさを味わって貰えると思うんですよね。

5歳の生徒さんMちゃんは、自分で弾きたくて、お母さんには「見なくて良いよ」

って言っているみたいです。

頼もしいですね。(^∇^)

image

 

そして、どんどん大きくなって、

小学校高学年や、中学生になった場合は…

先生がいなくても、ある程度弾けるようになること、

これは、先生がいなくても良い、というわけではなくて…(・・;)

自分の力で、ある程度弾けるようになることです。

譜読みだけではなく、表現なども、自分で考えて演奏出来ると、楽しく弾くことが

出来ます。(o^^o)

そのためには、譜読みはもちろん、表現力、その生徒さん自身の音楽性、なども

引き出すことを心がけて、レッスンしなければいけませんよね。

この頃の生徒さんは、ピアノレッスン倦怠期になりがちなので、そこも注意しなけれ

ばいけません。σ(^_^;)

そして、もうひとつ、楽しさのポイントとは…

次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達が楽しんで学び、表現力がつくよう、絵本を

使ったレッスンをしています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています〜(*^_^*)

 

 

関連記事

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

心の中に秘めた表現力

言葉で言えないことを、何かで表現するのって素敵ですよね。 ピアニストでシンガーソングライターの

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑