ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

公開日: : 最終更新日:2014/08/24 ピアノレッスン

ピアノのレッスンで大事なことは…

まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する必要があります。

小さなお子様の場合…

興味を持ってくれるように、子ども達が好きなものと音楽を結びつけるなど(グリュッ

クピアノ教室では絵本を取り入れたレッスンをしています。)

わかりやすく、ペープサートを使ったり、

子ども達の好きなくっつくもので、音符の読み方を学んだり…

楽しければ楽しいほど、花マルが貰えるようにと、練習も頑張ってしてきてくれま

す。

では、子ども達が小学校に入って、

だんだん大きくなってきた場合…

小さい頃の楽しさとは変わってきますよね。

この頃に必要な楽しさは…

自分の力で弾けること、

お母さんに教えて貰わなくても、自分で弾けるようになること、

子ども達は、本当は自分で何でもやりたいんです。

それが出来れば、ピアノを弾く楽しさを味わって貰えると思うんですよね。

5歳の生徒さんMちゃんは、自分で弾きたくて、お母さんには「見なくて良いよ」

って言っているみたいです。

頼もしいですね。(^∇^)

image

 

そして、どんどん大きくなって、

小学校高学年や、中学生になった場合は…

先生がいなくても、ある程度弾けるようになること、

これは、先生がいなくても良い、というわけではなくて…(・・;)

自分の力で、ある程度弾けるようになることです。

譜読みだけではなく、表現なども、自分で考えて演奏出来ると、楽しく弾くことが

出来ます。(o^^o)

そのためには、譜読みはもちろん、表現力、その生徒さん自身の音楽性、なども

引き出すことを心がけて、レッスンしなければいけませんよね。

この頃の生徒さんは、ピアノレッスン倦怠期になりがちなので、そこも注意しなけれ

ばいけません。σ(^_^;)

そして、もうひとつ、楽しさのポイントとは…

次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、子ども達が楽しんで学び、表現力がつくよう、絵本を

使ったレッスンをしています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいね。

お待ちしています〜(*^_^*)

 

 

関連記事

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

クリスマス会

週1回、障がい児のデイサービスに音楽遊びのレッスンに行っています。 昨日はそこのクリスマス会で

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで 3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

自然の凄さ

自然とは… 山や海、草、木、などの意味もありますが、ありのままの〜こと(アナ雪じゃありませんが

記事を読む

感動する心が自然に育つ

感動する心。 音楽や絵画には、人を感動させる力があります(^^) いつも元気な3歳のNち

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑