Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は…

「自分が弾きたい曲」です。

テクニックとしては単純な曲でも、美しく、情緒的で、

自分が「表現したい」と思う曲を選ぶそうです。

SONY DSC

 

初歩のころは別ですが、ピアノを習っていて、ある程度の年齢になってくると、演奏

する曲は、一定の難易度を超えたものから、選ばなければいけなくなります。

発表会に弾く曲でも、自分のレベルよりも少し難易度の高い曲を、勧めてしまいます

よね。

それが間違っているわけではないし、頑張る意欲を引き出すために、良いこともある

のですが、自分の本当に弾きたい曲を選択できなかった時、生徒さん達は少し

ストレスを感じてしまうのではないのかな〜と思うんですよね。

性格にもよりますが…

ヨーロッパの先生は、自分のレベルよりも簡単な曲でも、「この曲を弾きたい」とい

えば、とことんレッスンしてくれます。

そこが少し日本とは違うところなのかも…

やはり、ヨーロッパはテクニックよりも表現を重んじるのでは、と思います。

自分が弾きたいと思う曲は、必ず、人の心を動かします。(*^o^*)

自分の心にも、聴いている人の心にも響く、演奏をして欲しい。

字の如く、楽しんで音を奏でて貰いたいですね。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添うレッスンを、心掛けています。

表現力を重視し、絵本を取り入れたレッスンをしています

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねV(^_^)V

お待ちしていま〜す(^ ^)

 

 

 

 

関連記事

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑