弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は…

「自分が弾きたい曲」です。

テクニックとしては単純な曲でも、美しく、情緒的で、

自分が「表現したい」と思う曲を選ぶそうです。

SONY DSC

 

初歩のころは別ですが、ピアノを習っていて、ある程度の年齢になってくると、演奏

する曲は、一定の難易度を超えたものから、選ばなければいけなくなります。

発表会に弾く曲でも、自分のレベルよりも少し難易度の高い曲を、勧めてしまいます

よね。

それが間違っているわけではないし、頑張る意欲を引き出すために、良いこともある

のですが、自分の本当に弾きたい曲を選択できなかった時、生徒さん達は少し

ストレスを感じてしまうのではないのかな〜と思うんですよね。

性格にもよりますが…

ヨーロッパの先生は、自分のレベルよりも簡単な曲でも、「この曲を弾きたい」とい

えば、とことんレッスンしてくれます。

そこが少し日本とは違うところなのかも…

やはり、ヨーロッパはテクニックよりも表現を重んじるのでは、と思います。

自分が弾きたいと思う曲は、必ず、人の心を動かします。(*^o^*)

自分の心にも、聴いている人の心にも響く、演奏をして欲しい。

字の如く、楽しんで音を奏でて貰いたいですね。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添うレッスンを、心掛けています。

表現力を重視し、絵本を取り入れたレッスンをしています

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねV(^_^)V

お待ちしていま〜す(^ ^)

 

 

 

 

関連記事

出張レッスンのニーズが増えている理由とは

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。 上のお子様にピアノを

記事を読む

大人も子どもも真似っこ演奏で上達

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。 これは、大人も子ども程ではありませんが、真似を

記事を読む

音楽と絵画、そして絵本

音楽と絵画は共通点が多いです。 感情表現、創造性、想像力、など… 音楽の刺激を受けて製作

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

個性を伸ばす

子ども達には、みんなそれぞれ拘りがあります。 このこだわりに気付き、伸ばしてあげる事が、その子

記事を読む

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑