弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は…

「自分が弾きたい曲」です。

テクニックとしては単純な曲でも、美しく、情緒的で、

自分が「表現したい」と思う曲を選ぶそうです。

SONY DSC

 

初歩のころは別ですが、ピアノを習っていて、ある程度の年齢になってくると、演奏

する曲は、一定の難易度を超えたものから、選ばなければいけなくなります。

発表会に弾く曲でも、自分のレベルよりも少し難易度の高い曲を、勧めてしまいます

よね。

それが間違っているわけではないし、頑張る意欲を引き出すために、良いこともある

のですが、自分の本当に弾きたい曲を選択できなかった時、生徒さん達は少し

ストレスを感じてしまうのではないのかな〜と思うんですよね。

性格にもよりますが…

ヨーロッパの先生は、自分のレベルよりも簡単な曲でも、「この曲を弾きたい」とい

えば、とことんレッスンしてくれます。

そこが少し日本とは違うところなのかも…

やはり、ヨーロッパはテクニックよりも表現を重んじるのでは、と思います。

自分が弾きたいと思う曲は、必ず、人の心を動かします。(*^o^*)

自分の心にも、聴いている人の心にも響く、演奏をして欲しい。

字の如く、楽しんで音を奏でて貰いたいですね。

グリュックピアノ教室では、子ども達の心に寄り添うレッスンを、心掛けています。

表現力を重視し、絵本を取り入れたレッスンをしています

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねV(^_^)V

お待ちしていま〜す(^ ^)

 

 

 

 

関連記事

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

学力アップの基礎作り その1

読書が好きなお子様は、想像力が豊かです。 読書は、人の気持ちが理解出来るようになったり、集中力

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

学力アップの基礎作り その2

昨日、絵本を使ったピアノレッスンで、本好きになり、集中力や学力アップにも 繋がる、と書きました

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

アコ-スティックの素敵な音色

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。 ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを

記事を読む

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑