Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

絵本から溢れ出るメロディー

公開日: : 最終更新日:2015/02/24 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆

レッスンに使っている絵本は、殆どが、こちらで購入した絵本。

こちらのお店は、海外絵本、ビンテージの絵本など、お洒落な絵本ばかり。

店主の嶋村さんは気さくで素敵な方です。

いつも行くと、2時間くらいお邪魔してしまいます。

和書も私が好きなドイツや、フランスの物から、ロシア、チェコの絵本など…

嶋村さんとお話ししながら見ていると、あっという間に時間が過ぎてしまうんですよね。

その日に購入した絵本達。

絵本複数の

グリュックピアノ教室では大人が見ても綺麗な絵本を使って、子ども達に、音楽付き絵本の読み聞かせを行っています。

もちろん内容も大切ですが、絵画のような綺麗な絵本は、感性を高めます。(^^)

子ども達自身にも、絵本のイメージに合ったメロディーを作って貰います。

みんな最初は恥ずかしがっていますが、慣れてくると、物語りと絵に合った素敵なメロディーを弾いてくれます。

 

ピアノを弾く事が大好きな、小学校1年生のKちゃん 、お家でも自分の好きな絵本にメロディーを付けて弾いているそう。(^∇^)

音楽付きの絵本の読み聞かせが気に入ってくれたみたい。

この間のレッスンでも、「絵本は?」って何回も聞いていました。(o^^o)

「じゃあ今から絵本するよ〜」って言ったらすご〜く嬉しそうな顔。

まだレッスンを始めて2回目なのですが、独特なイメージのメロディーを作曲してくれました〜(⌒▽⌒)

これから、どんな曲を作ってくれるのか、とっても楽しみです。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、絵本を取り入れたピアノレッスンにご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^∇^)

 

 

 

関連記事

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

明けましておめでとうございます^o^

明けましておめでとうございます( ^∀^) 今年もあっという間に明けてしまいました〜 年

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

ピアノを弾くことで性格が分かる

体験レッスンで初めて合う子ども達。 恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑