音楽は心を育てる

公開日: : 最終更新日:2015/05/13 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考えて下さっています。

Kちゃんも、習い事はピアノだけ、と決めているみたいです。(o^^o)

習い始めの幼稚園の頃から今でも、音楽付き絵本の読み聞かせの時間が大好き。

今は自分でも、場面に合ったメロディーを考えて、恥ずかしがりながら、弾いてくれます。

優しい音、恐い音、不思議な音、悲しい音など…

絵本の雰囲気を感じとって、音にすることが出来ます。

ピアノ以外でも、表現力がとても豊かなんです。(⌒▽⌒)

音読もとても上手で、物語りに入りこんで読んでくれます。

そして、優しい心使いも出来る女の子です。

ここちゃん

 

「女の子の育て方」と言う、教育カウンセラーの諸富祥彦さんが書かれた本。

女の子の習い事のおすすめは、なんと言ってもピアノです、と書かれているページがあります。(^∇^)

美しい物や純粋なものに感動する豊かな感性を育むと同時に、知的能力を高めると…

脳科学者の澤口俊之先生が、「ホンマでっか!?TV」で、「習い事はピアノだけで良い」と言われていました。

ピアノ演奏は、「指を動かす・先を読む・暗記」などをしながら、心の中の想いを表現していくわけです。

感受性、表現力だけではなく、つまり…

1石2鳥、3鳥もあるかも〜(^^)

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れた、ピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(o^^o)

 

 

 

 

関連記事

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

絵本+音楽=表現力

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。 絵本と言えば幼児期の物

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑