音楽は心を育てる

公開日: : 最終更新日:2015/05/13 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考えて下さっています。

Kちゃんも、習い事はピアノだけ、と決めているみたいです。(o^^o)

習い始めの幼稚園の頃から今でも、音楽付き絵本の読み聞かせの時間が大好き。

今は自分でも、場面に合ったメロディーを考えて、恥ずかしがりながら、弾いてくれます。

優しい音、恐い音、不思議な音、悲しい音など…

絵本の雰囲気を感じとって、音にすることが出来ます。

ピアノ以外でも、表現力がとても豊かなんです。(⌒▽⌒)

音読もとても上手で、物語りに入りこんで読んでくれます。

そして、優しい心使いも出来る女の子です。

ここちゃん

 

「女の子の育て方」と言う、教育カウンセラーの諸富祥彦さんが書かれた本。

女の子の習い事のおすすめは、なんと言ってもピアノです、と書かれているページがあります。(^∇^)

美しい物や純粋なものに感動する豊かな感性を育むと同時に、知的能力を高めると…

脳科学者の澤口俊之先生が、「ホンマでっか!?TV」で、「習い事はピアノだけで良い」と言われていました。

ピアノ演奏は、「指を動かす・先を読む・暗記」などをしながら、心の中の想いを表現していくわけです。

感受性、表現力だけではなく、つまり…

1石2鳥、3鳥もあるかも〜(^^)

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れた、ピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(o^^o)

 

 

 

 

関連記事

癒しが大切な理由

癒される… 人によっても違うと思いますが、やはり音楽は最適ですよね(*^^*) 生徒さん

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

音楽と数学の繋がり

楽譜を読むこと。 子ども達は、図形として形で見ることが得意です。 音符は連なっています。

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑