絵本を取り入れたレッスンで身につく事は

公開日: : 最終更新日:2014/10/06 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室では、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を取り入れた

ピアノレッスンをしています。

なぜ、絵本にこだわるのか…グリュック写真01

 

それは…

絵本を取り入れたレッスンは、ピアノを弾くことにも、もちろん大切ですが、

ピアノ以外のことにも大事なことが、学べるからです。(^-^)/

特に、幼児期に必要な大切なこと。

表現力、想像力、創造力、感性などなど、

そして実は、それ以外の様々なことにも、繋がっていくのです。

例えば、小学校2年生のKちゃんは、5歳の頃から習ってくれていて、絵本の弾き語り

(ピアノ演奏しながらの絵本読み聞かせ)が大好きです。(o^^o)

表現力や感性がとても豊かで、絵を書くのも、とても上手なんです。

綺麗なもの、綺麗な音が大好きで、学校での宿題で、漢字を書くときも、

すごく丁寧に書くので、花マルばかりだそうです。

これは、漢字を1つの模様、つまり絵として見ているからだと思います。

こうなると、どんどん覚えるし、書けるようになっていきます。

音読も、物語に入りこんで、凄く表現力があるので、先生にいつも褒められている

そうです。(*^^*)

物語りに入り込むことが、習慣になっていると、集中力が養われます。

場面、場面に合った音楽、風景に合った音楽を聞きながらの読み聞かせは、感覚が研ぎ澄まされていきます。

絵本を取り入れたピアノレッスンは、幼時期にこそ大切なことだと思います。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねV(^_^)V

 

 

関連記事

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑