楽譜って難しい??

公開日: : 最終更新日:2015/08/14 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。

楽譜を読むことは、音符を読むことだけではありません。

文章を読む時、その物語の作者が何を言わんとしているのか、理解して読みますよね。

楽譜もそれと同じ。^_^

楽譜が読めると、その曲の表現も読めるようになります。(⌒▽⌒)

そしてそれは、初歩の頃から、読めるようになることが大切。

5歳のA君、楽譜を読むのが大好き。

image

電子ピアノに入っている、自動演奏を聴きながら、一生懸命、楽譜を見ています。

その目は、ちゃんと楽譜の音符を順に追っています。

確実に読めている感じ。

入っている曲は、トルコ行進曲や、乙女の祈りなど、名曲ばかり。

これだけ楽譜が読めると、技術的な事が出来るようになれば、色んな曲が弾けるようになります。

まだ5歳なので、手が小さいし、まだ指の力が弱いので、おばけの手(手首の脱力)や、猫ちゃんの手(手の形をよくする)などの練習をして、徐々に弾けるようになっています。

最近は「この曲はおばけっぽいね」とか曲のイメージを捉える事も出来るようにもなってきています。

これからが楽しみです。(o^^o)

ピアノを弾くことは、色んな角度から覚えることが大切。

そして、ピアノ以外の他のことにも役立つんです。

例えば、リズムや拍子は算数に繋がり、表現力は国語力をアップさせます。

グリュックピアノ教室が行っている、絵本を使ったレッスンは、国語力アップ、表現力、集中力も養うことが出来ます。

グリュックピアノ教室では、楽しく楽譜が読めるように、レッスンしています。

吹田市、摂津市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(⌒▽⌒)

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

感動する心が自然に育つ

感動する心。 音楽や絵画には、人を感動させる力があります(^^) いつも元気な3歳のNち

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑