真似っこで表現力アップ

公開日: : 最終更新日:2015/09/20 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

先月からレッスンを開始したHちゃん。

想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

この写真は自分でお歌を歌いながら、おもちゃのピアノで表現している様子です。

huuka2

体験レッスンの時から、自分の作った歌を振り付きで聞かせてくれて、想像力の豊かさにびっくり。(≧∇≦)

レッスンを重ねていくうち(と言っても、まだ5回目ですが…)表現力もどんどん溢れてきています。

グリュックピアノ教室では、場面に合ったピアノを弾きながら、絵本の読み聞かせをしています。

グリュック写真01

この間の絵本、最初に怖い感じの場面で、曲も暗い感じで弾いていると…

Hちゃんだんだん顔が怖ばってきて…

途中から明るい雰囲気に変わっていくと、どんどん顔が緩んできて、最後のハッピーエンドな場面では満面の笑顔。(⌒▽⌒)

この心の変化が表現力を作りあげるんです。

この写真なんて、大人顔負けの弾き語りの姿。(o^^o)

huuka

Hちゃんはお父さんと一緒に、ピアニストのDVDなどを観ているそうです。

これは矢野顕子さんの真似をしているんだと思います。(^^)

子ども達は、真似をするのが大好き。

ピアノのDVDを観て、真似をする、とても良いことですよね。

映画なども、主人公の弾いている姿を真似っこしたり、努力して練習している姿を見たり…

吸収力の良いこの時期、良い物を観ること聴くことは、どんどん吸収され真似っこから、表現力もどんどんアップしていきます。

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^o^

 

 

関連記事

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

ピアノを弾くことで性格が分かる

体験レッスンで初めて合う子ども達。 恥ずかしがり屋さんで人見知りの子や、人懐っこい子、色んな性

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑