真似っこで表現力アップ

公開日: : 最終更新日:2015/09/20 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

先月からレッスンを開始したHちゃん。

想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

この写真は自分でお歌を歌いながら、おもちゃのピアノで表現している様子です。

huuka2

体験レッスンの時から、自分の作った歌を振り付きで聞かせてくれて、想像力の豊かさにびっくり。(≧∇≦)

レッスンを重ねていくうち(と言っても、まだ5回目ですが…)表現力もどんどん溢れてきています。

グリュックピアノ教室では、場面に合ったピアノを弾きながら、絵本の読み聞かせをしています。

グリュック写真01

この間の絵本、最初に怖い感じの場面で、曲も暗い感じで弾いていると…

Hちゃんだんだん顔が怖ばってきて…

途中から明るい雰囲気に変わっていくと、どんどん顔が緩んできて、最後のハッピーエンドな場面では満面の笑顔。(⌒▽⌒)

この心の変化が表現力を作りあげるんです。

この写真なんて、大人顔負けの弾き語りの姿。(o^^o)

huuka

Hちゃんはお父さんと一緒に、ピアニストのDVDなどを観ているそうです。

これは矢野顕子さんの真似をしているんだと思います。(^^)

子ども達は、真似をするのが大好き。

ピアノのDVDを観て、真似をする、とても良いことですよね。

映画なども、主人公の弾いている姿を真似っこしたり、努力して練習している姿を見たり…

吸収力の良いこの時期、良い物を観ること聴くことは、どんどん吸収され真似っこから、表現力もどんどんアップしていきます。

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^o^

 

 

関連記事

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

癒しが大切な理由

癒される… 人によっても違うと思いますが、やはり音楽は最適ですよね(*^^*) 生徒さん

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑