表現のつぼみが開くとき

公開日: : 最終更新日:2014/10/05 ピアノレッスン, リトミックレッスン, 絵本を使ったレッスン

5歳の生徒さん、Tちゃん。

いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。

子ども達の感覚ってこうなんだな~

ワクワク~って感じで…(^∇^)

Tちゃんは、2歳の時から絵本リトミックにも来てくれていて、絵本が大好き!

今もレッスンの時の、演奏しながらの読み聞かせを楽しみにしてくれています。

image

 

この間のレッスンの時、曲にタイトルをつけてきて貰う宿題を、出していました。

曲は簡単な曲なのですが、Tちゃんはその本に書かれていた絵から想像して…

つけたタイトルが…

「ピピピピ…ポン!ピュルル~」

すご~く、素敵なタイトル~(*^◯^*)

感じた事をそのまま表現出来る、子ども達の感覚ってすご~い!( ´ ▽ ` )ノ

子ども達の新鮮でピュアな感覚を、伸ばしてあげることが、とっても大切ですよね。

これを、「もっとこういう風にしたら?」とか、大人の意見を押し付けてしまったり

すると、開きかけた感性の芽を摘んでしまうことになります。

感性や表現力のつぼみは、本来、子ども達みんなが持っているもの。

私たちピアノ教師は、そのつぼみから綺麗な花が咲くように、お手伝いしてあげる事

が大事ですよね。

グリュックピアノ教室では、表現力や感性が豊かになることを重視して、

ピアノレッスンにもリトミックレッスンにも、絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

お待ちしています〜\(^o^)/

 

関連記事

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

絵本+音楽=表現力

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。 絵本と言えば幼児期の物

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑