表現のつぼみが開くとき

公開日: : 最終更新日:2014/10/05 ピアノレッスン, リトミックレッスン, 絵本を使ったレッスン

5歳の生徒さん、Tちゃん。

いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。

子ども達の感覚ってこうなんだな~

ワクワク~って感じで…(^∇^)

Tちゃんは、2歳の時から絵本リトミックにも来てくれていて、絵本が大好き!

今もレッスンの時の、演奏しながらの読み聞かせを楽しみにしてくれています。

image

 

この間のレッスンの時、曲にタイトルをつけてきて貰う宿題を、出していました。

曲は簡単な曲なのですが、Tちゃんはその本に書かれていた絵から想像して…

つけたタイトルが…

「ピピピピ…ポン!ピュルル~」

すご~く、素敵なタイトル~(*^◯^*)

感じた事をそのまま表現出来る、子ども達の感覚ってすご~い!( ´ ▽ ` )ノ

子ども達の新鮮でピュアな感覚を、伸ばしてあげることが、とっても大切ですよね。

これを、「もっとこういう風にしたら?」とか、大人の意見を押し付けてしまったり

すると、開きかけた感性の芽を摘んでしまうことになります。

感性や表現力のつぼみは、本来、子ども達みんなが持っているもの。

私たちピアノ教師は、そのつぼみから綺麗な花が咲くように、お手伝いしてあげる事

が大事ですよね。

グリュックピアノ教室では、表現力や感性が豊かになることを重視して、

ピアノレッスンにもリトミックレッスンにも、絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

お待ちしています〜\(^o^)/

 

関連記事

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

調号を簡単に覚える方法

大人の方で、音楽は好きだけど楽譜を読むのは嫌い、という方が多い。 楽譜は難しいと思いこんでいる

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

いつでも始められる音感教育とは

ヨーロッパのお店みたいだけど、実は京都です。   京都の今出川にある、

記事を読む

音楽性を引き出す

幼児期の子ども達、色んなタイプの子がいます(o^^o) 言いたい事を言える子と、言えない子。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑