人の心を動かすほどの表現力

公開日: : 最終更新日:2014/10/22 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。

以前に、即興で素敵な演奏をするピアニストのコンサートに行った時、

そのピアニストが言っていました。

「ミスタッチを探す人が多いが、そういう事より、私の心から湧き出る表現を

聴いて欲しい」と。

ピアノ演奏は、スポーツをするのとは違います。

表現あっての演奏です。

人の心を動かす程の、表現力のある演奏こそ、本物の音楽と言えるのではない

でしょうか。

カリスマ的な指揮者、カルロスクライバーは、ミスを指摘される事を嫌って、録音を

あまり好まなかったそうです。

クライバ-

CDが少ないのはすごく残念なのですが…

入魂の演奏の時、やっぱり音楽の神様が降りてきているんだと思うんです。

記憶がないくらいに、演奏に入り込んで…

その時は、ミスも何も関係ありませんよね。

凄過ぎる指揮者、カルロスクライバーを例えるなんて、叱られるかもしれませんが、

人の心を打つ演奏とは…

表現が素晴らしく、心に響く演奏です。(≧∇≦)

 

グリュックピアノ教室では、子ども達のレッスンで、間違いの指摘をするよりも

表現を褒めます。

例えば「雲みたいにふわふわっと弾けていたよ〜」

「ライオンみたいに迫力があったよ〜」とか。v(^_^v)♪

もちろん、技術面もきっちりとレッスンしますが、表現が先だと思っています

そして、その表現力を高めるため、吸収力抜群の幼児期に絵本を使った、

ピアノレッスンをしています。

ご興味のある、吹田市、豊中市、摂津市にお住まいの方、お気軽にお問い合わせ

下さいo(^_^)o

 

関連記事

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

音楽は調和の原点

ピアノを弾くことは、表現力、集中力、想像力など、様々なことが必要です。 その中でも、他の楽器や

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

自分に自信が持てる子に育つ秘訣

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』 これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。 褒

記事を読む

三つ子の魂百まで

三つ子の魂百まで 3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根

記事を読む

音楽と心の繋がり

グリュックピアノ教室は、楽しくをモットーとし、かつ技術的にもしっかり学んで 貰えるようなレッス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑