Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

人の心を動かすほどの表現力

公開日: : 最終更新日:2014/10/22 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。

以前に、即興で素敵な演奏をするピアニストのコンサートに行った時、

そのピアニストが言っていました。

「ミスタッチを探す人が多いが、そういう事より、私の心から湧き出る表現を

聴いて欲しい」と。

ピアノ演奏は、スポーツをするのとは違います。

表現あっての演奏です。

人の心を動かす程の、表現力のある演奏こそ、本物の音楽と言えるのではない

でしょうか。

カリスマ的な指揮者、カルロスクライバーは、ミスを指摘される事を嫌って、録音を

あまり好まなかったそうです。

クライバ-

CDが少ないのはすごく残念なのですが…

入魂の演奏の時、やっぱり音楽の神様が降りてきているんだと思うんです。

記憶がないくらいに、演奏に入り込んで…

その時は、ミスも何も関係ありませんよね。

凄過ぎる指揮者、カルロスクライバーを例えるなんて、叱られるかもしれませんが、

人の心を打つ演奏とは…

表現が素晴らしく、心に響く演奏です。(≧∇≦)

 

グリュックピアノ教室では、子ども達のレッスンで、間違いの指摘をするよりも

表現を褒めます。

例えば「雲みたいにふわふわっと弾けていたよ〜」

「ライオンみたいに迫力があったよ〜」とか。v(^_^v)♪

もちろん、技術面もきっちりとレッスンしますが、表現が先だと思っています

そして、その表現力を高めるため、吸収力抜群の幼児期に絵本を使った、

ピアノレッスンをしています。

ご興味のある、吹田市、豊中市、摂津市にお住まいの方、お気軽にお問い合わせ

下さいo(^_^)o

 

関連記事

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

自然に音楽と繋がる

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^ 年が離れている姉妹

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑