人の心を動かすほどの表現力

公開日: : 最終更新日:2014/10/22 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。

以前に、即興で素敵な演奏をするピアニストのコンサートに行った時、

そのピアニストが言っていました。

「ミスタッチを探す人が多いが、そういう事より、私の心から湧き出る表現を

聴いて欲しい」と。

ピアノ演奏は、スポーツをするのとは違います。

表現あっての演奏です。

人の心を動かす程の、表現力のある演奏こそ、本物の音楽と言えるのではない

でしょうか。

カリスマ的な指揮者、カルロスクライバーは、ミスを指摘される事を嫌って、録音を

あまり好まなかったそうです。

クライバ-

CDが少ないのはすごく残念なのですが…

入魂の演奏の時、やっぱり音楽の神様が降りてきているんだと思うんです。

記憶がないくらいに、演奏に入り込んで…

その時は、ミスも何も関係ありませんよね。

凄過ぎる指揮者、カルロスクライバーを例えるなんて、叱られるかもしれませんが、

人の心を打つ演奏とは…

表現が素晴らしく、心に響く演奏です。(≧∇≦)

 

グリュックピアノ教室では、子ども達のレッスンで、間違いの指摘をするよりも

表現を褒めます。

例えば「雲みたいにふわふわっと弾けていたよ〜」

「ライオンみたいに迫力があったよ〜」とか。v(^_^v)♪

もちろん、技術面もきっちりとレッスンしますが、表現が先だと思っています

そして、その表現力を高めるため、吸収力抜群の幼児期に絵本を使った、

ピアノレッスンをしています。

ご興味のある、吹田市、豊中市、摂津市にお住まいの方、お気軽にお問い合わせ

下さいo(^_^)o

 

関連記事

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

モチベーションを持続させる秘訣とは

ピアノレッスンで、モチベーションを持続して貰うには… 達成感を感じとれる経験が出来るように、工

記事を読む

出張レッスンの良さ

いつも可愛いお手紙をくれるKちゃん。   お母さんがお仕事で忙しいので

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑