バスティンってどんな教材?

公開日: : 最終更新日:2014/11/09 ピアノレッスン

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。

バスティンの教本とは、どんな内容なのか…

先ずは、子ども達が目を引く、カラフルで、楽しい!

image

初歩の頃に覚えておくべき事を、楽しんで学べます。

線の音、間の音を覚えた後、音の上がる下がる(音程)を、子ども達が理解しやすい

ように、書かれています。

そして、最も大事な手首の脱力も、曲の中でリズミカルに行っていきます。^ – ^

手首の脱力は、大人になってからでは難しく、習い始めが肝心です。

2つと3つの黒鍵の位置の理解の後、音名をABCで覚えます。

image

 

この事で、コードネームが読めるようになり、先々にポピュラーなど、好きな曲に、

コードで伴奏をつけることが出来るようになります。

初歩の頃から移調をしていくのですが、曲の色がわかるようになります。

以前、教材選び、の所でも書きましたが…

ピアノを習ったことのあるお母様達で、今は楽譜が読めないっていう方が多いん

です。

これは私達が子どもの頃の定番、バイエルが教本だからだと思います。

せっかくピアノを習っても、大人になって弾けないのは悲しいですよね。>_<

バスティンで初歩からレッスンしていると、読譜力もつきます。

そして移調をする事によって、相対音感もつき、ハーモニーを聞く耳が育ちます。

相対音感とは…

次回は、絶対音感と相対音感について、書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使って、楽しく丁寧に、そして

表現力がアップするよう、絵本を取り入れたり、幅広い視野を持ってレッスンに

取り組んでいます。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^o^

 

関連記事

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

自信がつく魔法の言葉かけとは

5歳のTちゃん、この間は、きらきら星をとても上手に弾けました〜 花マル〜!! 「

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑