バスティンってどんな教材?

公開日: : 最終更新日:2014/11/09 ピアノレッスン

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。

バスティンの教本とは、どんな内容なのか…

先ずは、子ども達が目を引く、カラフルで、楽しい!

image

初歩の頃に覚えておくべき事を、楽しんで学べます。

線の音、間の音を覚えた後、音の上がる下がる(音程)を、子ども達が理解しやすい

ように、書かれています。

そして、最も大事な手首の脱力も、曲の中でリズミカルに行っていきます。^ – ^

手首の脱力は、大人になってからでは難しく、習い始めが肝心です。

2つと3つの黒鍵の位置の理解の後、音名をABCで覚えます。

image

 

この事で、コードネームが読めるようになり、先々にポピュラーなど、好きな曲に、

コードで伴奏をつけることが出来るようになります。

初歩の頃から移調をしていくのですが、曲の色がわかるようになります。

以前、教材選び、の所でも書きましたが…

ピアノを習ったことのあるお母様達で、今は楽譜が読めないっていう方が多いん

です。

これは私達が子どもの頃の定番、バイエルが教本だからだと思います。

せっかくピアノを習っても、大人になって弾けないのは悲しいですよね。>_<

バスティンで初歩からレッスンしていると、読譜力もつきます。

そして移調をする事によって、相対音感もつき、ハーモニーを聞く耳が育ちます。

相対音感とは…

次回は、絶対音感と相対音感について、書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使って、楽しく丁寧に、そして

表現力がアップするよう、絵本を取り入れたり、幅広い視野を持ってレッスンに

取り組んでいます。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^o^

 

関連記事

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

音楽性を引き出す

幼児期の子ども達、色んなタイプの子がいます(o^^o) 言いたい事を言える子と、言えない子。

記事を読む

音楽の様に絵本を作る絵本作家

「音楽の様に絵本を作る」 色彩の魔術師と言われる、ブライアン・ワイルド・スミス。 本当に

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑