自分に自信が持てる子に育つ秘訣

公開日: : 最終更新日:2014/11/04 ピアノレッスン, 幼児教育

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』

これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。

褒める事は、子ども達に最も大切なこと。

この間、何かの番組で<自分が嫌い>と言っていた小学校5年生の女の子。

「自分は何にもできない」と言っていました。>_<

多分、あまり、褒められていないんだと思います。

子ども達は、褒められる事で、自信がつきます。

得意な事を見つけて、自信を持たせてあげる事は、本当に重要です。

前に<上手な褒め方の秘訣>の所でも少し書きましたが、

具体的に褒めることが大切です。

image

 

むやみやたらに、なんでも褒めるのではありません。

何でもかんでも褒めるのは、何故良くないのか…

それは、自分が何が得意で、なにが出来るのか、わからなくなってしまうからです。

なんでもそうですが、与え過ぎは逆効果です。

褒められないとしない、褒められることを待つようになってしまいます。

子ども達が、しっかりと理解するように、説明する。

【具体的に何が】

これが子ども達のやる気を起こさせる、褒め方だと思います。(^_^)v

そしてもう一つ、良くないことは…

せっかく褒めてその後に、

<でも>

「でも、もっとこうしたら」とか「これは良かったけど、これは良くない」など…

これは、褒めた事にはなりません。σ(^_^;)

 

その事だけを、こちらも、心から喜んで褒める。

そうしている内に、大人の方も褒める事が楽しくなりますよ。o(^▽^)o

 

グリュックピアノ教室では、幼児教育を軸として、子ども達の出しているシグナルを

察知できるよう、心がけてレッスンしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^o^)

 

 

関連記事

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

音楽付き読み聞かせの良さとは

保育士のMさん。 2月に保育園の発表会で、ちびとらちゃんの劇をします。 テーマ曲を最初に

記事を読む

待つことは信じる事

3歳のSちゃん。 最近、急に指が動く様になって、どんどん上達してるんです(╹◡╹) Sち

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑