楽譜を覚える前に(子ども編)

公開日: : 最終更新日:2015/01/18 ピアノレッスン, 練習方法

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。

子ども達は、楽しく、遊び感覚で!

その為にも、楽譜に入る前にしておくべきことはたくさんあります。

image

最初は、リズムカードでリズム打ち。

グリュックピアノ教室では、大きなホワイトボードで色付きカードを使って、リズムのレッスンを行います。

くっつく事と、色がカラフルな事で、みんな大好きです。

 

そして次は、 大きな5線譜ボードに、カラーマグネットボタンで、色んな模様を作ります。image

 

これは、5線譜になれる事と、先々に模様読みが出来るようになる為です。

そして次に、5線譜ボードで、音を早口言葉のように、覚えます。

ト音記号の線の音は、ドミソシレファ、ヘ音記号の線の音はソシレファラド

この覚え方だと、4パターンで、全部の音符を覚えることが出来ます。

音符のひとつをカエルのマグネットに変身!

カエルさんに変身した音は何の音?

これらの事を、楽しんで、遊び感覚で!(^-^)/

楽譜を覚える事は、大人の方でも難しいので、楽しめる導入方法がとても重要です。

導入の段階で、難しいと思ってしまわないように。

最初に難しいと思ってしまうと、苦手意識になってしまいます。

大人の生徒さんで、最初にお電話を頂いたときに、皆さん、おっしゃることが…

「子どもの頃、少し習っていましたが、楽譜を読むのが苦手です。」と。

これを避けなければいけません。

グリュックピアノ教室では、楽しんで集中するレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^∇^)

 

関連記事

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

信念と頑固の違いとは…

新年おめでとうございます)^o^( 今年もよろしくお願い致します(^^) 同じしんねんで

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

体験レッスン(3歳のYちゃん)

今日、3歳のYちゃんの体験レッスンに行って来ました。 グリュックピアノ教室が、いつもレッスンの

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

学力アップの基礎作り その2

昨日、絵本を使ったピアノレッスンで、本好きになり、集中力や学力アップにも 繋がる、と書きました

記事を読む

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

仲良く、時には刺激も必要…

姉妹でレッスンを受けてくれている生徒さんが何組かいらっしゃいます。^o^ お姉ちゃんが最初に習

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑