楽譜を覚える前に(子ども編)

公開日: : 最終更新日:2015/01/18 ピアノレッスン, 練習方法

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。

子ども達は、楽しく、遊び感覚で!

その為にも、楽譜に入る前にしておくべきことはたくさんあります。

image

最初は、リズムカードでリズム打ち。

グリュックピアノ教室では、大きなホワイトボードで色付きカードを使って、リズムのレッスンを行います。

くっつく事と、色がカラフルな事で、みんな大好きです。

 

そして次は、 大きな5線譜ボードに、カラーマグネットボタンで、色んな模様を作ります。image

 

これは、5線譜になれる事と、先々に模様読みが出来るようになる為です。

そして次に、5線譜ボードで、音を早口言葉のように、覚えます。

ト音記号の線の音は、ドミソシレファ、ヘ音記号の線の音はソシレファラド

この覚え方だと、4パターンで、全部の音符を覚えることが出来ます。

音符のひとつをカエルのマグネットに変身!

カエルさんに変身した音は何の音?

これらの事を、楽しんで、遊び感覚で!(^-^)/

楽譜を覚える事は、大人の方でも難しいので、楽しめる導入方法がとても重要です。

導入の段階で、難しいと思ってしまわないように。

最初に難しいと思ってしまうと、苦手意識になってしまいます。

大人の生徒さんで、最初にお電話を頂いたときに、皆さん、おっしゃることが…

「子どもの頃、少し習っていましたが、楽譜を読むのが苦手です。」と。

これを避けなければいけません。

グリュックピアノ教室では、楽しんで集中するレッスンを心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^∇^)

 

関連記事

楽しく楽譜を読むコツ

いつも明るくて、ピアノを弾くのが大好きな、小学校1年生のKちゃん。 Kちゃんは、聞いた曲のメロ

記事を読む

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

大人も子どもも真似っこ演奏で上達

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。 これは、大人も子ども程ではありませんが、真似を

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

出張レッスンの利点とは

小学校2年生の生徒さん、幼稚園の頃から、ピアノ演奏付きの絵本読み聞かせが大好 きで、表現力がと

記事を読む

子ども達にこそ本物を

音楽、絵画、それから絵本、など… 大人が感動する物は、子ども達も感動します。 本物を子ど

記事を読む

初歩のレッスンに大事なこととは

ピアノレッスンは初期の頃から、指の形や姿勢などがとても大切です。 ピアノの椅子には浅めに座り、

記事を読む

個性を伸ばす

子ども達には、みんなそれぞれ拘りがあります。 このこだわりに気付き、伸ばしてあげる事が、その子

記事を読む

音楽と心の繋がり

グリュックピアノ教室は、楽しくをモットーとし、かつ技術的にもしっかり学んで 貰えるようなレッス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑