メトロノームは演奏に必要?

公開日: : 最終更新日:2016/06/20 ピアノレッスン, 練習方法

メトロノーム。

楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。

つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音が鳴ります。テンポを合わせるために使う

音楽用具で、 ヨハン・ネポムク・メルツェル(Johann Nepomuk Mlzel)が1816年に特許を取得しています。

音楽家で最初に利用したのは、ベートーヴェンです。

image

しかし後々には、役に立たないと捨ててしまっている、と言う説があるそうです(^◇^;)

本当なのか、真意はベートーヴェン本人に聞かないと分からないと思うのですが…

メトロノームはテンポを正しくとることについては良い機械です。

メトロノームの力を借りてテンポ感を養う事は大切なのですが、練習の時に使うと、

うまく合わせらない、機械的な演奏になる、等のデメリットもあります。

ピアノ演奏に重要な表現力。

初歩の頃に、表現を養うことはとても大切です。

メトロノームに合わせて練習していると、表現や、グルーヴ感の出せない演奏になっ

ってしまうのでは、と思うんです(^_^;)

良いか悪いかについては賛否両論があると思いますので、はっきりとは言えません

が、リズム練習には最適だと思います。

グリュックピアノ教室では、ピアノを弾く時に合わせるのではなく、リズム練習

の時に使用しています^o^

image

リズム練習では、視覚でわかりやすいカードを見て、楽器を使って楽しくリズム打ちします。

メトロノームに合わせることで、身体に一定のリズムを送り込む事が出来ます。

グリュックピアノ教室では、表現力を重要視しています(^O^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^∇^)

 

関連記事

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

楽譜を覚える前に(大人編)

4歳児クラスの先生、保育士のMさん。 今、2月の保育園での子ども達の発表会に向けて、練習中です

記事を読む

手の形が良くなるコツとは

昨日は4歳になったばかりのになちゃんのレッスンでした。 お家に行くと、1歳の弟のよし君が先にお

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑