メトロノームは演奏に必要?

公開日: : 最終更新日:2016/06/20 ピアノレッスン, 練習方法

メトロノーム。

楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。

つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音が鳴ります。テンポを合わせるために使う

音楽用具で、 ヨハン・ネポムク・メルツェル(Johann Nepomuk Mlzel)が1816年に特許を取得しています。

音楽家で最初に利用したのは、ベートーヴェンです。

image

しかし後々には、役に立たないと捨ててしまっている、と言う説があるそうです(^◇^;)

本当なのか、真意はベートーヴェン本人に聞かないと分からないと思うのですが…

メトロノームはテンポを正しくとることについては良い機械です。

メトロノームの力を借りてテンポ感を養う事は大切なのですが、練習の時に使うと、

うまく合わせらない、機械的な演奏になる、等のデメリットもあります。

ピアノ演奏に重要な表現力。

初歩の頃に、表現を養うことはとても大切です。

メトロノームに合わせて練習していると、表現や、グルーヴ感の出せない演奏になっ

ってしまうのでは、と思うんです(^_^;)

良いか悪いかについては賛否両論があると思いますので、はっきりとは言えません

が、リズム練習には最適だと思います。

グリュックピアノ教室では、ピアノを弾く時に合わせるのではなく、リズム練習

の時に使用しています^o^

image

リズム練習では、視覚でわかりやすいカードを見て、楽器を使って楽しくリズム打ちします。

メトロノームに合わせることで、身体に一定のリズムを送り込む事が出来ます。

グリュックピアノ教室では、表現力を重要視しています(^O^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^∇^)

 

関連記事

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

手の形が良くなる練習方法、ショパンの手とは?

前回に少し触れましたが、ショパンの手! で手の形が良くなる、と書きました。 どのようにし

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

レッスンに重要な教本選び

<小さい頃、ピアノを習っていたのに、大人になってヘ音記号が読めない> 残念ながら、よく聞くお話

記事を読む

即興やアレンジに必要な事とは

グリュックピアノ教室では、子ども達に、楽譜通りに弾くだけではなく、アレンジや 即興などをして、

記事を読む

譜読みが早くなるレッスン方法

グリュックピアノ教室では、幼児のお子様に楽しく譜読みが出来るように、工夫して レッスンしていま

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

習い事の意味とは

習い事。 お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑