メトロノームは演奏に必要?

公開日: : 最終更新日:2016/06/20 ピアノレッスン, 練習方法

メトロノーム。

楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。

つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音が鳴ります。テンポを合わせるために使う

音楽用具で、 ヨハン・ネポムク・メルツェル(Johann Nepomuk Mlzel)が1816年に特許を取得しています。

音楽家で最初に利用したのは、ベートーヴェンです。

image

しかし後々には、役に立たないと捨ててしまっている、と言う説があるそうです(^◇^;)

本当なのか、真意はベートーヴェン本人に聞かないと分からないと思うのですが…

メトロノームはテンポを正しくとることについては良い機械です。

メトロノームの力を借りてテンポ感を養う事は大切なのですが、練習の時に使うと、

うまく合わせらない、機械的な演奏になる、等のデメリットもあります。

ピアノ演奏に重要な表現力。

初歩の頃に、表現を養うことはとても大切です。

メトロノームに合わせて練習していると、表現や、グルーヴ感の出せない演奏になっ

ってしまうのでは、と思うんです(^_^;)

良いか悪いかについては賛否両論があると思いますので、はっきりとは言えません

が、リズム練習には最適だと思います。

グリュックピアノ教室では、ピアノを弾く時に合わせるのではなく、リズム練習

の時に使用しています^o^

image

リズム練習では、視覚でわかりやすいカードを見て、楽器を使って楽しくリズム打ちします。

メトロノームに合わせることで、身体に一定のリズムを送り込む事が出来ます。

グリュックピアノ教室では、表現力を重要視しています(^O^)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^∇^)

 

関連記事

表現力がパワーアップする方法

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o) 「今までと

記事を読む

絵本を使ったピアノレッスンとは(動画付き)

グリュックピアノ教室では、絵本の弾き語りをレッスンに取り入れています。 絵本の弾き語りとは..

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

目標とは

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。 私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をして

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑