練習がしたくなる様に導く方法2

公開日: : 最終更新日:2015/02/09 ピアノレッスン, 練習方法

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、

宿題も楽しめる様に。

ピアノのを練習したくなるような環境にピアノを置く。

ピアノを弾くことは楽しい!と見せること。

と書きました。今日はその続きです。

その他には…

ライバルを作る。

これは、前にも少し書きましたが、ライバルが居ると、やる気が出ます。

兄弟、姉妹が最適ですが、お母さんでも良いですね。

6歳のTちゃんは、プチ負けず嫌いで、頑張りやさん。(o^^o)

image

練習の時に、気分が乗らなくて、なかなかピアノに向かってくれない場合、お母さんの登場です。

「じゃあお母さん弾こう!」とお母さんがTちゃんの弾いている曲を練習し始めたら…

「Tが弾くの!」と言って練習し始めるそうです。(^∇^)

「お母さんここが解らないんだけど教えてくれる?」と言って、誘導していくのも効果的です。

そして「ママが解らないのにTちゃん凄いね」と褒めてあげる事が、大事ですね。

達成感を得る

これも以前に少し書きましたが、まだ初歩の頃は、長い曲を何週間もかけて弾くと、飽きてしまいます。

短い曲をたくさん弾いて、達成感を得る事が大事だと思います。

短い曲を、パターンを変えて。例えば、移調して弾いたり…

バスティンの初歩の教則本は、短くて楽しい曲が多く、移調する事で、音の色が分かるようになります。

花マルやご褒美シールが増えていくと、子ども達も、少しずつ練習する気になっていきます。o(^_^)o

グリュックピアノ教室は、子ども達が楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^o^

 

関連記事

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

癒しが大切な理由

癒される… 人によっても違うと思いますが、やはり音楽は最適ですよね(*^^*) 生徒さん

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

やっぱり名曲!

子ども達は幼い頃から綺麗なハーモニーが大好き^o^ 実は子どもっぽい曲ばかりが好きではないんで

記事を読む

アコ-スティックの素敵な音色

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。 ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを

記事を読む

モチベーションを持続させる秘訣とは

ピアノレッスンで、モチベーションを持続して貰うには… 達成感を感じとれる経験が出来るように、工

記事を読む

なぜ発表会が大切なのか

『発表会』 ピアノ教室のメインイベントですよね(^O^) 自分の得意なピアノで誰かを感動

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑