練習がしたくなる様に導く方法2

公開日: : 最終更新日:2015/02/09 ピアノレッスン, 練習方法

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、

宿題も楽しめる様に。

ピアノのを練習したくなるような環境にピアノを置く。

ピアノを弾くことは楽しい!と見せること。

と書きました。今日はその続きです。

その他には…

ライバルを作る。

これは、前にも少し書きましたが、ライバルが居ると、やる気が出ます。

兄弟、姉妹が最適ですが、お母さんでも良いですね。

6歳のTちゃんは、プチ負けず嫌いで、頑張りやさん。(o^^o)

image

練習の時に、気分が乗らなくて、なかなかピアノに向かってくれない場合、お母さんの登場です。

「じゃあお母さん弾こう!」とお母さんがTちゃんの弾いている曲を練習し始めたら…

「Tが弾くの!」と言って練習し始めるそうです。(^∇^)

「お母さんここが解らないんだけど教えてくれる?」と言って、誘導していくのも効果的です。

そして「ママが解らないのにTちゃん凄いね」と褒めてあげる事が、大事ですね。

達成感を得る

これも以前に少し書きましたが、まだ初歩の頃は、長い曲を何週間もかけて弾くと、飽きてしまいます。

短い曲をたくさん弾いて、達成感を得る事が大事だと思います。

短い曲を、パターンを変えて。例えば、移調して弾いたり…

バスティンの初歩の教則本は、短くて楽しい曲が多く、移調する事で、音の色が分かるようになります。

花マルやご褒美シールが増えていくと、子ども達も、少しずつ練習する気になっていきます。o(^_^)o

グリュックピアノ教室は、子ども達が楽しんで学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。^o^

 

関連記事

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑