楽譜を形で覚える

公開日: : 最終更新日:2014/12/30 ピアノレッスン, 練習方法

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。

子ども達は、形で覚えるのが得意だからです。

大人の方でも、その方が、譜読みが早くなります。(^o^)/

形で覚えるとは、どのように覚えるのか。

「子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2」の所で書いた、模様読み。

音程で、横に読んでいく方法です。

その次に、形で覚え安いのが、和音です。

和音って子ども達には難しいですよね。

私達が子どもの頃は、理論で教わっていたので、特に難しかったんだと思います。σ(^_^;)

習い始めに難しいと感じた事は、苦手意識となってしまいます。

そうならない為に、和音も形で覚えます。例えばト音記号のドミソの和音は三色団子。(^^)

形で覚えて頭にインプットされたら、次は…

音程読みで線と線の音は、鍵盤が3つで3ど。1つ飛ばしの音。

ドミソ

ここからどんどん展開していきます。

線の音、間の音、音程をしっかり覚えていると、展開していっても理解できます。

グリュックピアノ教室では、どのようにすれば子ども達が覚えやすいのか、常に考えてレッスンしています。

大人の生徒さんも、頭を真っ白にして、形から入る覚え方で、譜読みが早くなった方も多数おられます。 

形と言えば、昨日、大好きなフレンチのお店「気まぐれ市場」で、素敵な盛り付けの形のお料理を頂きました〜^o^

魚気まぐれ 

芸術的で本当に素敵!

気まぐれ お肉

お料理の勉強になります。

インパクトのある模様や形は、頭にインプットされ、覚えやすいですよね。

先ずは、形から入る、です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

その他の地域の方も、一度ご相談下さい。

関連記事

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

綺麗な音を出す為に大切なことは

いつもお手紙を書いてくれるKちゃん。 季節感のある、ドングリ付きのお手紙をくれました。

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法

楽譜を読むよみ方は、子どもと大人では違う、と以前に書きました。 まず、大きなリズムボードで、リ

記事を読む

魔法の力

ハグの威力。 日本人はあまりしませんが、この威力は魔法のようです。 日本人は、欧米人に比

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

音楽は心の処方箋

今日は、レストランで演奏の仕事でした。 こちらでは、誕生日と、ご結婚記念日の方に、リク

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑