楽譜を形で覚える

公開日: : 最終更新日:2014/12/30 ピアノレッスン, 練習方法

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。

子ども達は、形で覚えるのが得意だからです。

大人の方でも、その方が、譜読みが早くなります。(^o^)/

形で覚えるとは、どのように覚えるのか。

「子ども達が楽しく楽譜を読めるようになる方法2」の所で書いた、模様読み。

音程で、横に読んでいく方法です。

その次に、形で覚え安いのが、和音です。

和音って子ども達には難しいですよね。

私達が子どもの頃は、理論で教わっていたので、特に難しかったんだと思います。σ(^_^;)

習い始めに難しいと感じた事は、苦手意識となってしまいます。

そうならない為に、和音も形で覚えます。例えばト音記号のドミソの和音は三色団子。(^^)

形で覚えて頭にインプットされたら、次は…

音程読みで線と線の音は、鍵盤が3つで3ど。1つ飛ばしの音。

ドミソ

ここからどんどん展開していきます。

線の音、間の音、音程をしっかり覚えていると、展開していっても理解できます。

グリュックピアノ教室では、どのようにすれば子ども達が覚えやすいのか、常に考えてレッスンしています。

大人の生徒さんも、頭を真っ白にして、形から入る覚え方で、譜読みが早くなった方も多数おられます。 

形と言えば、昨日、大好きなフレンチのお店「気まぐれ市場」で、素敵な盛り付けの形のお料理を頂きました〜^o^

魚気まぐれ 

芸術的で本当に素敵!

気まぐれ お肉

お料理の勉強になります。

インパクトのある模様や形は、頭にインプットされ、覚えやすいですよね。

先ずは、形から入る、です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

その他の地域の方も、一度ご相談下さい。

関連記事

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

オーストリアの素晴らしい楽譜

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^; オーストリアに行ってました〜(⌒

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑