簡単に作曲、即興が出来るコツとは

公開日: : 最終更新日:2015/02/13 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。

でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作曲した事と同じこと。(^_^)

グリュックピアノ教室では、レッスンに絵本を取り入れ、絵本の内容を音で表現して貰います。

悲しい場面に合うメロディー、嬉しい場面、強い、弱いメロディーなどなど…

最初はみんな「出来な〜い(^_^;)」と言っていますが、だんだん慣れてくると、面白いメロディーを作ってくれます。

image

子ども達には、思いを音にできる事の楽しさを、知って貰いたいと思っています。

ピアニストの矢野顕子さんは、幼い頃から、言葉にしにくい自分の気持ちを、ピアノの音色で表現していたそうです。

今、作曲されている素敵な曲の原点は、幼少期にあったんですね〜(⌒▽⌒)

音で表現することは、気持ちをメロディーにして表に現すこと。

 

日本人はカラオケが好きですよね。

何故好きなのか?

私の妹もカラオケ好きで、ストレス発散!と言っています。

みんながカラオケ好きなのは、歌う事で、表現出来て、ストレス発散できるからではないのかな〜と…

話がそれてしまいましたが、σ(^_^;)

 

絵本の中には幾つかの音が隠れています。

子ども達は実は、その音に気づいているんです。

それをメロディーで表すことで、表現する楽しさを知り、表現力がアップしていきます。^o^

物語に合わせて、色んなメロディーを作ることで、想像力も豊かになっていきます。

メロディーが出来たら次は、伴奏です。

伴奏のつけ方も、初歩の頃から、ある事をしていたら、簡単なんです。(^-^)/

続きは、また次回に書きたいと思います。

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^o^)

 

 

関連記事

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

手首から音楽が…

手首の脱力、ピアノ演奏に最も大切な事。 手首は1度硬くなってしまうと、柔らかくなるのに時間がか

記事を読む

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

指先を使う事は何故良いのか

大人の生徒さん、Tさん。 クラシック音楽が大好きな、70代の女性です。 高校生の頃に学校

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

なぜ発表会が大切なのか

『発表会』 ピアノ教室のメインイベントですよね(^O^) 自分の得意なピアノで誰かを感動

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑