オーストリアの素晴らしい楽譜

公開日: : 最終更新日:2015/09/29 ピアノレッスン, レッスン方法, 絵本を使ったレッスン

長い間、ブログが書けなくてすみませんでしたf^_^;

SONY DSC

オーストリアに行ってました〜(⌒▽⌒)

今回は、大好きな街、ザルツブルクにステイして、近郊の街、リンツなどを訪れました〜

SONY DSC

ザルツブルクは、モーツァルトが産まれた街、音楽の都ですが、ウィーンとはまた違

った雰囲気で、素敵な街です。

SONY DSC

子ども達のレッスンに使える楽譜も入手してきました〜(^∇^)

オ-ストリアの楽譜3

フランクフルトやライプツィヒ、ロンドンにもある、Edition Peters 。

歴史のある楽譜屋さんです。

やはり、さすが音楽の都。

導入期の楽譜も素晴らしい物が多くて、目移りしてしまいます。

探していて、日本では手に入らなかった、クラウスルンチェの2つのキーも見つけちゃいました〜(≧∇≦)

その中でも特に凄い‼︎と思った本が、こちら…

オ-ストリアの楽譜1

見た目も絵本の様に可愛いこの本。☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

凄いのは、メロディーラインを、絵で表現しているところです。(^O^)

オ-ストリアの楽譜2

子ども達がとても理解し易いように書かれています。

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたレッスンをしているのですが、

それは何故か…

一言で言うのは難しいのですが…

絵を見て音楽で表現する事の重要さ、を伝えたいからです。

この本は、まさしく、子ども達の芸術的感覚を理解して作られた本です。

音楽の都だからこそ見つけられた、素敵な楽譜。

これからまた、これらの本を使って、楽しく、芸術的センスが自然と身につくレッスンをしていきたいと思います(*^_^*)

グリュックピアノ教室では、絵本を取り入れたレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^-^)/

 

 

関連記事

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

表現を引き出す言葉かけ

子ども達は、心の中に色んな表現を持っています。 レッスンでそれを引き出してあげることが

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

指と手首とタッチの関係

ピアノを弾く時に大切な指の動きについて。 ピアノを奏でる時に重要な、鍵盤を押さえるタッチのこと

記事を読む

マンツーマンの良さ

人見知り。 お家ではよく喋るし、明るいんだけど、人前に出るとおとなしくなってしまう子。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑