創造力を養う秘訣

公開日: : 最終更新日:2015/03/21 ピアノレッスン, 幼児教育, 絵本を使ったレッスン

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。

でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

簡単でも、メロディを作ったり…

子どもの頃に、自分で考えて何かを作る行為は、創造性を養います。

かと言って、何もない状態で、「曲を作ってね」と言われても、どうして良いかわかりませんよね。

グリュックピアノ教室では、レッスンの最初か最後に、ピアノを弾きながら、絵本の読み聞かせしをます。(^ ^)

初歩の頃から、綺麗な絵画のような絵本を使って…

そしてある程度弾けるようになってきたら、子ども達自身にも、絵本の場面、場面に、メロディをつけて貰います。

最初はみんな、「出来な〜い」と言ってもいますが、だんだん、場面に合ったメロディをつけれる様になっていきます。(^∇^)

もうすぐ小学校に上がる、いつも元気な6さいの女の子、Tちゃん。(^o^)

image

 

黒鍵が好きで、黒鍵を使って、よく曲を作っています。

「これは、ママには難しいかも」とか言って…( ̄▽ ̄)

 

小学校2年生のKちゃんは、初めは曲作りを、「恥ずかしい〜」と言っていたのですが…

image

 

最近は、自分でも色々、曲を作ってるみたいで、レッスンが終わってから、聞かせてくれます。(o^^o)

この間も、お母さんのご実家で、「おじいちゃんの曲」を作って、聞かせてあげていたそうです。(*^_^*)

子ども達が、もともと持っている創造する力。

環境次第で、どんどん花開いていきます。

グリュックピアノ教室では、絵本を使ったピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市で、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。

 

関連記事

幼児期にしか身につかないこと、それは…

私の父も母も音楽好きで、私がお腹にいる時から、クラシックやポピュラーなど 色んな音楽を聞かせて

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

子ども達が練習をやる気になる方法 その3

子ども達が練習をやる気になる方法   その3 その1    練習回数を、自分で決める その2  

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

性格に応じたレッスン方法

昨日、可愛い姉妹、小学校6年生のYちゃんと1年生のKちゃんの体験レッスンでした。^ ^ お母さ

記事を読む

音楽は調和の原点

ピアノを弾くことは、表現力、集中力、想像力など、様々なことが必要です。 その中でも、他の楽器や

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

絵本を使ったピアノレッスンとは(動画付き)

グリュックピアノ教室では、絵本の弾き語りをレッスンに取り入れています。 絵本の弾き語りとは..

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑