感覚を育てるレッスン

公開日: : 最終更新日:2015/01/07 ピアノレッスン, 幼児教育, 絵本を使ったレッスン

『季節感の大切さ』

ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッスンでの絵本を選ぶ時も、必ず季節を考えます。(^∇^)

お料理でもそうですよね。季節によって旬の野菜や魚を使って料理します。

日本人は特に、季節とともに生きているので、それがテーマになります。

レストランで弾く曲は、映画音楽からJPOPまで様々ですが、JPOPやアニメの曲など

はともかく、童謡や、映画音楽などは歌詞がなくても、メロディーだけでも、夏っぽ

いとか、冬っぽいとか感じる事が出来ます。

絵本に曲をつける時も、自然と季節感が出ます。

ゆき

子ども達には感じる心を、養ってもらいたいと思っています。(^。^)

季節を感じることは、感受性を高めることにもなります。

音楽を奏でる時、感覚、感じることは、とても重要です。

音楽以外の事にも、大切ですよね。

グリュックピアノ教室が行っている、ピアノ演奏付きの絵本の読み聞かせは、子ども達に大事な、感じる心を育てることが出来るのです。

感じる心は、表現力へと繋がり、気持ちをピアノで表現する事も出来るようになります。

クラシック音楽では、楽譜通りではなく、自分の表現で弾けるように

ポピュラー音楽では、自分のアレンジで弾けるようにレッスンしていきます。

楽譜が速く読めて、表現力もついていると、自分の力で、演奏することが出来ます。

生徒さんには、自由に楽しんで音楽を奏でて貰いたいと、思っています(*^_^*)

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね。(^。^)

 

関連記事

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

アコ-スティックの素敵な音色

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。 ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを

記事を読む

音楽的な環境の大切さ

音楽的環境。 吸収力の良い幼児期、児童期。 環境はとても大切です(╹◡╹) 綺麗な

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

自分で決める事の大切さ

練習をやる気になる方法その1、その2、その3で書きましたが、 グリュックピアノ教室では、ピアノ

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

リズム感が良くなる方法

リズム感。 リズム感とは規則的な「拍」を感じる能力です。 リズム感があるとかないとか、結

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑