好奇心をくすぐるレッスンとは

公開日: : 最終更新日:2015/04/21 ピアノレッスン, 幼児教育, 絵本を使ったレッスン

3歳のYちゃん。

レッスンし始めて、3ヶ月目。

1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり物の女の子。

しっかり物だけに、イヤなものはイヤと、はっきりしています。

レッスンに伺って、「レッスンしよっか〜」と言うと、「イヤだ〜」

でも、「じゃあ絵本からしよっか〜」と言うと…

ミュ-ジックツリ-

すんなりと、「うん!」(^∇^)

みんな絵本が大好きです。

グリュックピアノ教室では、表現力を養うため、絵本を使ったレッスンをしています。

Yちゃん、絵本も、ピアノのを弾くのも大好きですが、もう1つ好きな事。(^-^)/

ふよみ

これは、読譜の導入です。

ト音記号の線の音、ドミソシレファの中で、どれか1つ、カエルさんや、パンにへんし〜ん!(^O^)

変身したのは何の音?

次はヘ音記号のソシレファラドを同じように。

その次は…

全部で4パターンを、変身しながら、楽しく覚えていきます。(*^^*)

グリュックピアノ教室の生徒さん達は、このへんし〜ん!が、大好き。(^_^)v

大人の方は、読譜と言うと、嫌い、読めない、難しい、と思っている方が多いのですが…

最初が肝心だと思うんです。

子ども達は、楽しいと集中します。

覚えやすいやり方で、楽しむ事が大切。

楽しい事が大好きな、好奇心旺盛な子ども達。(*^^*)

みんなの好奇心をくすぐるレッスン方法を、常に考えることが大事ですね。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねp(^_^)q

お待ちしています〜(*^^*)

関連記事

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた いで、眠くて泣

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

即興のコツとは

即興演奏 その場で、即興的に曲を創作して演奏すること。インプロビゼーション。 こう書くと

記事を読む

感覚を育てるレッスン

『季節感の大切さ』 ホテルやレストランでの演奏、リトミックや、デイサービスでの音楽ネタ、レッス

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑