聴いて貰うことの大切さ

公開日: : 最終更新日:2015/03/17 ピアノレッスン

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。

「練習の時は、弾けてたのに…」

逆に、「練習の時はあまり弾けないのに、先生の前では、集中してるのか、すごく上手で、びっくりです。」

とお母様に言われる事もあります。

頑張りやさんのTちゃん。

image

いつも明るい、年長さんの女の子です。

ちょっぴり負けず嫌いで、弾けないと、悔しいみたいです。

ママの前では、自分の苦手な曲は、ふにゃふにゃ〜ってなっちゃうみたいですが、

レッスンの時は、自分に気合を入れて、頑張っています。

逆に、70代のTさんは…

「さっきまで弾いてて、良い感じに弾けてたのに、先生の前で弾くと、緊張して間違えるんです」(^_^;)と…

緊張して、集中力が増す。

緊張し過ぎて、上手く弾けない。

どちらも上手になる為に大切な事です。(^.^)

私は今まで、色んなホテルやレストランで演奏してきましたが、最初の頃は、色々、失敗しました。^_^;

お客様の層を考えずに弾いていたり、お客様が少ないのに、音が大き過ぎたり、リクエストされた曲がメジャーな曲なのに、緊張して弾けなかったり…

でも徐々に、突然曲をリクエストされて、楽譜がなくてもなんとなく弾けるようになったのは、人前で弾く事で、度胸がついたからだと思います。

レッスンで週に1回、緊張して、先生に聴いて貰う事。

それから家族の誰でも良いので、きちんと座って聴いてあげる、そして感想を言ってあげる事が、とても重要だと思います。

グリュックピアノ教室では、生徒さんの心に寄り添ったレッスンを、心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^∇^)

関連記事

調号を簡単に覚える方法Part2

今日は、調号を簡単に覚える方法のPart2です。 前回、調号を簡単に覚える方法で、#(シャープ

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

待ちに待った発表会

3月25日、発表会でした〜(^∇^) 朝から準備などなどに、追われて、バタバタでしたが…(^^

記事を読む

信念と頑固の違いとは…

新年おめでとうございます)^o^( 今年もよろしくお願い致します(^^) 同じしんねんで

記事を読む

即興のコツとは

即興演奏 その場で、即興的に曲を創作して演奏すること。インプロビゼーション。 こう書くと

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑