個性のある演奏とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 ピアノレッスン

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。

独特の奏法で知られるアルフレッド・ドニ・コルトー。

2人とも、強烈な個性を持った、20世紀を象徴する大演奏家です。

ミンケパット

2人とも、ミスタッチが多かった、と言われています。

しかし、そのミスを忘れさせる様な素晴らしい演奏をします(^∇^)

この二人に共通している事は、情熱的で、躍動感のある、人間的な演奏です。

演奏は、スポーツの様な完璧さを求めると、音楽性が失われてしまいます(^_^;)

音楽性豊かな、魅力的な演奏をされる、フジ子ヘミングさん。

image

番組で「ミスしたっていいじゃあない?人間なんだから」と言われていて、テレビの前でうなずいてしまいましたo(^▽^)o

5年生のKちゃん。

コンクール中心のレッスンをしてきて、自由な演奏がしたくて止めてしまったみたいで、1年ブランクがあり、もう一度ピアノがやりたい!とお問い合わせ頂きました。

体験レッスンの時、軽快な曲と静かな曲を弾いて貰いました。

この部分は、どんな風だと思う?って聞いていくと、詩人の様にイメージが出るわ出るわでびっくり!!^o^

そのイメージでもう一度演奏して貰うと…

演奏がガラッと変わりました〜(⌒▽⌒)

心に秘めている自由な表現を、もっともっと引き出して貰いたい!と思い、これからがとても楽しみです。

グリュックピアノ教室では、表現力を重要視しています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

簡単に作曲、即興が出来るコツとは

作曲や即興と言うと難しく聞こえるかもしれません。 でも、少しメロディーを作ったら、それはもう作

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

自分に自信が持てる子に育つ秘訣

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』 これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。 褒

記事を読む

努力が習慣になる

努力。 大人になると、必要と分かっているけど、苦手な事は億劫になりがちです。 でも、努力

記事を読む

リズム感が良くなる方法(大人編)

リズム感が良くなる方法。 今日は大人編。 色々ありますが… 意識すると、リズム感が

記事を読む

音楽の癒しの効果

音楽は無くてはならないもの。 私たちは日々音楽を聴いて癒されたり、元気をもらったりしていますよ

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

絵本から感じ取る、豊かな感性

天真爛漫で、いつも笑顔が可愛い5歳のNちゃん。 1歳半〜1年半くらい、カルチャーセンタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑