個性のある演奏とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 ピアノレッスン

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。

独特の奏法で知られるアルフレッド・ドニ・コルトー。

2人とも、強烈な個性を持った、20世紀を象徴する大演奏家です。

ミンケパット

2人とも、ミスタッチが多かった、と言われています。

しかし、そのミスを忘れさせる様な素晴らしい演奏をします(^∇^)

この二人に共通している事は、情熱的で、躍動感のある、人間的な演奏です。

演奏は、スポーツの様な完璧さを求めると、音楽性が失われてしまいます(^_^;)

音楽性豊かな、魅力的な演奏をされる、フジ子ヘミングさん。

image

番組で「ミスしたっていいじゃあない?人間なんだから」と言われていて、テレビの前でうなずいてしまいましたo(^▽^)o

5年生のKちゃん。

コンクール中心のレッスンをしてきて、自由な演奏がしたくて止めてしまったみたいで、1年ブランクがあり、もう一度ピアノがやりたい!とお問い合わせ頂きました。

体験レッスンの時、軽快な曲と静かな曲を弾いて貰いました。

この部分は、どんな風だと思う?って聞いていくと、詩人の様にイメージが出るわ出るわでびっくり!!^o^

そのイメージでもう一度演奏して貰うと…

演奏がガラッと変わりました〜(⌒▽⌒)

心に秘めている自由な表現を、もっともっと引き出して貰いたい!と思い、これからがとても楽しみです。

グリュックピアノ教室では、表現力を重要視しています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

アコ-スティックの素敵な音色

アコースティックの楽器の音色は心に響きます。 ピアノも、ギタ-も、やっぱり、エレクトロニクスを

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

静と動のバランス

外遊びが大好きな4歳のYちゃん。 太陽が大好きで、この夏も日焼けして真っ黒です。(^∇^)

記事を読む

なぜ発表会が大切なのか

『発表会』 ピアノ教室のメインイベントですよね(^O^) 自分の得意なピアノで誰かを感動

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑