個性のある演奏とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/11 ピアノレッスン

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。

独特の奏法で知られるアルフレッド・ドニ・コルトー。

2人とも、強烈な個性を持った、20世紀を象徴する大演奏家です。

ミンケパット

2人とも、ミスタッチが多かった、と言われています。

しかし、そのミスを忘れさせる様な素晴らしい演奏をします(^∇^)

この二人に共通している事は、情熱的で、躍動感のある、人間的な演奏です。

演奏は、スポーツの様な完璧さを求めると、音楽性が失われてしまいます(^_^;)

音楽性豊かな、魅力的な演奏をされる、フジ子ヘミングさん。

image

番組で「ミスしたっていいじゃあない?人間なんだから」と言われていて、テレビの前でうなずいてしまいましたo(^▽^)o

5年生のKちゃん。

コンクール中心のレッスンをしてきて、自由な演奏がしたくて止めてしまったみたいで、1年ブランクがあり、もう一度ピアノがやりたい!とお問い合わせ頂きました。

体験レッスンの時、軽快な曲と静かな曲を弾いて貰いました。

この部分は、どんな風だと思う?って聞いていくと、詩人の様にイメージが出るわ出るわでびっくり!!^o^

そのイメージでもう一度演奏して貰うと…

演奏がガラッと変わりました〜(⌒▽⌒)

心に秘めている自由な表現を、もっともっと引き出して貰いたい!と思い、これからがとても楽しみです。

グリュックピアノ教室では、表現力を重要視しています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

大人も子どもも真似っこ演奏で上達

この間、「子ども達は真似の天才」と書きました。 これは、大人も子ども程ではありませんが、真似を

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

情操教育とは…

ピアノを習うことは情操教育の一環と言われています。 では「情操を教育する」、とはどういう事なの

記事を読む

相対音感とは…

今までに、絶対音感については、書きましたが… 今回は相対音感についてです。 一般的には、

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑