年齢にあったピアノ教育

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 ピアノレッスン

子供のためのコンクール。

レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールなども盛んに行われています。

子供のコンクールでは、小さい子が、体格的、音楽的にまだ早すぎる曲を弾いているという事に、賛否両論あるのでは、と思います。

image

ピアノのレッスンに大事なことは…

読譜力、ソルフェージュ力、表現力を養うこと。

課題曲の多いコンクールなどを受けていると、その課題曲の練習が主になって、基礎的な音楽性を学べなくなるのでは、と思うんです。

日本のピアノ教育の世界は、何でも早熟になってしまっているのかも…

幼少の頃から、音楽に触れる事はとても大切。

でも、年齢やその子にあった進め方をしていかないと、弊害が生じてしまいます。

image

コンクール中心のレッスンを習ってきて、嫌になって止めてしまったけど、ピアノはやっぱり弾きたい!と思って、お問い合わせ頂く生徒さんもいます。

確かに無茶をすれば、難易度の高い曲を弾けるかも知れません。しかし、それは、強引なピアノの弾き方になってしまいかねないですよね。(^◇^;)

表現力とは、音楽を感じること。

「もっと力を入れて大きい音で!もっとクレッシェンドして!」と言われるままに大きい音を出しているだけだとしたら、これは表現力とは言い難いですよね。(^^;;

音楽を感じて、本当に音楽を分かっていてそう弾いているのならよいのですが…

コンクールが良くないと言っているわけではありません。

コンクールは、モチベーションを上げるため、努力するにはとても良い機会。

ただ、もし低学年で受けるなら、大規模なコンクールではなく、課題曲が1〜2曲のコンクールから受け始める方が良いのでは…

それから、コンクール中心の練習にならない様にすることが、大切なのではないかと思います。

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です^ ^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

絵本+音楽=表現力

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。 絵本と言えば幼児期の物

記事を読む

繊細な感性を養う

ピアノレッスンはピアノに向かって弾くことだけだと思われがちです。 でも、特に好奇心旺盛な小さな

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑