目標とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 ピアノレッスン

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。

私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をしていた方で、母とも友達でした。

すご〜く明るくて、元気な先生でした。

学生の時に教わっていた先生も、とても元気で、繊細なんだけど、パワーを感じる素敵な演奏をされる先生でした(⌒▽⌒)

有名な作曲家にも必ず師がいますよね^o^

モーツァルトの師は、父のレオポルド。

そのモーツァルトをとても敬愛していて、子供の頃はモーツァルトそっくりの曲

を数多く作曲していたのは、ベートーヴェン。

モーツァルトが最初の「師匠」といってもいいでしょう。

でも、実際に師事したのはハイドンだそう。ベートーベン20代の作品は、ハイドンに似ているものが多いですね。

そのベートーヴェンを師としていたのは、シューベルトです。

シューベルトは、常にベートーヴェンの作品を意識していて、どうしたらベートーヴェンを越えられるか、ということに苦心していました。

師は、目標となる人。

直接の師でなくても、この人のようになりたい!!この人のように弾きたい!! と、想うことで、モチベーションにもなります。

そして、必ずその人に近づく事が出来ます。

 

いつもお手紙をくれるKちゃん。

小学校4年生の女の子。

image

お手紙にはいつも、「ピアノの先生になりたい!」って書かれています(^∇^)

こう言ってくれるのが、本当、何より嬉しいですね~^o^

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^o^)

関連記事

コード奏法の基本

グリュックピアノ教室では、バスティンの教本や、木村メソッドの教本を基本に使用しています。 木村

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

指と手首とタッチの関係

ピアノを弾く時に大切な指の動きについて。 ピアノを奏でる時に重要な、鍵盤を押さえるタッチのこと

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑