Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

目標とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 ピアノレッスン

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。

私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をしていた方で、母とも友達でした。

すご〜く明るくて、元気な先生でした。

学生の時に教わっていた先生も、とても元気で、繊細なんだけど、パワーを感じる素敵な演奏をされる先生でした(⌒▽⌒)

有名な作曲家にも必ず師がいますよね^o^

モーツァルトの師は、父のレオポルド。

そのモーツァルトをとても敬愛していて、子供の頃はモーツァルトそっくりの曲

を数多く作曲していたのは、ベートーヴェン。

モーツァルトが最初の「師匠」といってもいいでしょう。

でも、実際に師事したのはハイドンだそう。ベートーベン20代の作品は、ハイドンに似ているものが多いですね。

そのベートーヴェンを師としていたのは、シューベルトです。

シューベルトは、常にベートーヴェンの作品を意識していて、どうしたらベートーヴェンを越えられるか、ということに苦心していました。

師は、目標となる人。

直接の師でなくても、この人のようになりたい!!この人のように弾きたい!! と、想うことで、モチベーションにもなります。

そして、必ずその人に近づく事が出来ます。

 

いつもお手紙をくれるKちゃん。

小学校4年生の女の子。

image

お手紙にはいつも、「ピアノの先生になりたい!」って書かれています(^∇^)

こう言ってくれるのが、本当、何より嬉しいですね~^o^

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^o^)

関連記事

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

明けましておめでとうございます^o^

明けましておめでとうございます( ^∀^) 今年もあっという間に明けてしまいました〜 年

記事を読む

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

絵本+音楽=表現力

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。 絵本と言えば幼児期の物

記事を読む

子ども達に分かりやすい表現方法とは

ピアノ演奏には、子ども達には分かりにくい表現がたくさん出てきます。 例えばレガートで弾く。

記事を読む

リンクする瞬間(読譜)

ピアノを弾く時に大切な楽譜を読むこと。 これは、大人の方でも苦手な人が多いです。f^_^;)

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

短い集中力に秘められたパワー

昨日、「子ども達の集中力を持たせる方法」で、 幼児期のお子様の短い集中力を、色んな方面から、飽

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑