目標とは

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 ピアノレッスン

何かを上達するには、良い師に巡り合うことが大切。

私の初めての先生は、声楽家の叔母の伴奏をしていた方で、母とも友達でした。

すご〜く明るくて、元気な先生でした。

学生の時に教わっていた先生も、とても元気で、繊細なんだけど、パワーを感じる素敵な演奏をされる先生でした(⌒▽⌒)

有名な作曲家にも必ず師がいますよね^o^

モーツァルトの師は、父のレオポルド。

そのモーツァルトをとても敬愛していて、子供の頃はモーツァルトそっくりの曲

を数多く作曲していたのは、ベートーヴェン。

モーツァルトが最初の「師匠」といってもいいでしょう。

でも、実際に師事したのはハイドンだそう。ベートーベン20代の作品は、ハイドンに似ているものが多いですね。

そのベートーヴェンを師としていたのは、シューベルトです。

シューベルトは、常にベートーヴェンの作品を意識していて、どうしたらベートーヴェンを越えられるか、ということに苦心していました。

師は、目標となる人。

直接の師でなくても、この人のようになりたい!!この人のように弾きたい!! と、想うことで、モチベーションにもなります。

そして、必ずその人に近づく事が出来ます。

 

いつもお手紙をくれるKちゃん。

小学校4年生の女の子。

image

お手紙にはいつも、「ピアノの先生になりたい!」って書かれています(^∇^)

こう言ってくれるのが、本当、何より嬉しいですね~^o^

グリュックピアノ教室は、楽しく学べるピアノ教室です。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^o^)

関連記事

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

no image

子ども達の想像力 何でも本物??

子ども達は想像力が本当に豊かです。 まだ2歳のSちゃん。 レッスンの時、ぬいぐる

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

綺麗な音を奏でるためには

ピアノの演奏は、技術だけではありません。 聞いている人の心に響く音を出せることが、大切です。

記事を読む

no image

ピアノを演奏することで何かが活性化する?

ピアノを演奏することで、身につくこと それは… 表現力が高まる、耳が良くなる、純粋な物に

記事を読む

上達にも繫がる信頼関係

3歳のMちゃん、下の赤ちゃんが産まれて4ヶ月、今、赤ちゃん返り中なのですが… 保育園で

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑