絵画のような絵本のご紹介

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^)

数多くある絵本の中で、大人が見ても綺麗だな〜と思える様な絵本を使っています。

美しく、内容の濃い素敵な絵本を描く、大好きな絵本作家さんはたくさんいます。

その中でも…

バーバラ・クーニー

イラストレーターでもあるこの方の絵は本当に綺麗☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

image

 

 

image1

『ルピナスさん』

この絵本は、1人の女性の人生の輝きを、花に託して描いた絵本です。

この作品の主人公(後にルピナスさんと呼ばれる)アリスや、アリスのお祖父さん

は、クーニーの祖父や祖母、母の姿を描き、アリスが成人してからの活動は、自伝に

近いものだそうです。

祖母はピアノの先生、お母さんは画家だったそう。

だから、クーニーの作品には、自分自信と重ねた、自分の道を模索しつづけ、成長し

ていこうとする女性を描いた作品が多いです(^◇^)

 

今では廃盤になっていて、入手困難だそうですが、1974年に発行された、『若草物

語』の本の絵はクーニーの押絵です。(o^^o)

 

クーニーの作品で、押絵は珍しいそうですが、幼い子ども達向けの、マーガレット・

ワイズ・ブラウン作『どこへ行ってた?』の押絵はバーバラ・クーニーの作品です。

image

黒と赤だけで描かれた素朴な挿絵が、独特の世界観を作り上げています(^∇^)

 

幼い頃から美しい物を見たり、聴いたりする事はとても大切(^∇^)

絵本と音楽をセットにする事は、表現力、想像力をアップさせます。(*^◯^*)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

習慣化で上達アップのコツとは

習慣化。 大人になって、何かを始めようと思った時、それを続ける事が困難な事があります。

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

ピアノレッスンを楽しくするポイントとは

ピアノのレッスンで大事なことは… まず、楽しいな、と思って貰えるレッスンにするように、工夫する

記事を読む

ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から 小学校高学年や、

記事を読む

出張レッスンのニーズが増えている理由とは

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。 上のお子様にピアノを

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

手首から音楽が…

手首の脱力、ピアノ演奏に最も大切な事。 手首は1度硬くなってしまうと、柔らかくなるのに時間がか

記事を読む

体験レッスン(2歳11ヶ月のK君)

昨日は、8月で3歳になるK君の体験レッスンでした^o^ レッスンの日、楽しみに待ってくれていた

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑