Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

絵画のような絵本のご紹介

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^)

数多くある絵本の中で、大人が見ても綺麗だな〜と思える様な絵本を使っています。

美しく、内容の濃い素敵な絵本を描く、大好きな絵本作家さんはたくさんいます。

その中でも…

バーバラ・クーニー

イラストレーターでもあるこの方の絵は本当に綺麗☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

image

 

 

image1

『ルピナスさん』

この絵本は、1人の女性の人生の輝きを、花に託して描いた絵本です。

この作品の主人公(後にルピナスさんと呼ばれる)アリスや、アリスのお祖父さん

は、クーニーの祖父や祖母、母の姿を描き、アリスが成人してからの活動は、自伝に

近いものだそうです。

祖母はピアノの先生、お母さんは画家だったそう。

だから、クーニーの作品には、自分自信と重ねた、自分の道を模索しつづけ、成長し

ていこうとする女性を描いた作品が多いです(^◇^)

 

今では廃盤になっていて、入手困難だそうですが、1974年に発行された、『若草物

語』の本の絵はクーニーの押絵です。(o^^o)

 

クーニーの作品で、押絵は珍しいそうですが、幼い子ども達向けの、マーガレット・

ワイズ・ブラウン作『どこへ行ってた?』の押絵はバーバラ・クーニーの作品です。

image

黒と赤だけで描かれた素朴な挿絵が、独特の世界観を作り上げています(^∇^)

 

幼い頃から美しい物を見たり、聴いたりする事はとても大切(^∇^)

絵本と音楽をセットにする事は、表現力、想像力をアップさせます。(*^◯^*)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

みんな同じで良いの?

「私はバイエル!  私はブルグミュラーまで!」 これは、日本のピアノを習ってた人達の会話。

記事を読む

音階は難しい??

音階とは、音の階段。 音がどのように上がっているのか… 音階は、ピタゴラスによって発見さ

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

子ども達の素質を育てるポイントとは

「すべての子ども達が、良質な素質を持っている。」 その素質を生かすポイントは… 本物に触

記事を読む

集中力をアップする方法とは

「音」には色んな表情があります。 悲しい、嬉しい、賑やか、静か、重い、軽いなどなど… 音

記事を読む

マンツーマンの良さ

人見知り。 お家ではよく喋るし、明るいんだけど、人前に出るとおとなしくなってしまう子。

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

怒ってはいけない理由

ピアノのレッスンは約45分~1時間弱、 週に1回のこの時間、短いな~っていつも感じます。

記事を読む

音楽は心の処方箋

今日は、レストランで演奏の仕事でした。 こちらでは、誕生日と、ご結婚記念日の方に、リク

記事を読む

嬉しい〜^o^ 生徒さんからのお手紙

生徒さんに貰った手紙で〜す。 これは1部で、もっとあるのですが… いつ貰っても嬉

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑