絵画のような絵本のご紹介

公開日: : 最終更新日:2016/07/27 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^)

数多くある絵本の中で、大人が見ても綺麗だな〜と思える様な絵本を使っています。

美しく、内容の濃い素敵な絵本を描く、大好きな絵本作家さんはたくさんいます。

その中でも…

バーバラ・クーニー

イラストレーターでもあるこの方の絵は本当に綺麗☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

image

 

 

image1

『ルピナスさん』

この絵本は、1人の女性の人生の輝きを、花に託して描いた絵本です。

この作品の主人公(後にルピナスさんと呼ばれる)アリスや、アリスのお祖父さん

は、クーニーの祖父や祖母、母の姿を描き、アリスが成人してからの活動は、自伝に

近いものだそうです。

祖母はピアノの先生、お母さんは画家だったそう。

だから、クーニーの作品には、自分自信と重ねた、自分の道を模索しつづけ、成長し

ていこうとする女性を描いた作品が多いです(^◇^)

 

今では廃盤になっていて、入手困難だそうですが、1974年に発行された、『若草物

語』の本の絵はクーニーの押絵です。(o^^o)

 

クーニーの作品で、押絵は珍しいそうですが、幼い子ども達向けの、マーガレット・

ワイズ・ブラウン作『どこへ行ってた?』の押絵はバーバラ・クーニーの作品です。

image

黒と赤だけで描かれた素朴な挿絵が、独特の世界観を作り上げています(^∇^)

 

幼い頃から美しい物を見たり、聴いたりする事はとても大切(^∇^)

絵本と音楽をセットにする事は、表現力、想像力をアップさせます。(*^◯^*)

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

関連記事

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

真似っこで表現力アップ

先月からレッスンを開始したHちゃん。 想像力も表現力も豊かな4歳になったばかりの女の子。

記事を読む

待つことが大切な理由

大人が、待ってあげること。 子ども達にとって、とても大切なことです。 幼児期、児童期の可能性

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

感じる心から表現力へ

私は、夜、ホテルやレストランで演奏しています。 昨日は夏休み最後の日曜日、 ピアノのイス

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

出張レッスンのニーズが増えている理由とは

グリュックピアノ教室は、吹田市を中心に、出張専門でレッスンをしています。 上のお子様にピアノを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑