子ども達の健康とピアノの上達

公開日: : 最終更新日:2015/04/14 ピアノレッスン, 幼児教育

今日は、子ども達の健康のお話。

DSCN0261

オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが、赤ちゃんが皆、おしゃぶりをしているんです。

日本ではあまり、見かけませんよね?

日本ではあまり良くないと言われているみたいで、させないようにしている様です。

でも実は…

おしゃぶりはとても良いのだそうです。(^o^)

何故良いのか…

それは、口呼吸にならない、つまり鼻呼吸になるからです。

口呼吸が良くないのは、最近言われているので、ご存知の方も多いかもしれません。

日本人に口呼吸の人が多いのは、子どもの頃に原因があるそうです。

早く卒乳させ過ぎ、おしゃぶりをあまりさせない、etc…

こういった事が、口呼吸の原因を作っているみたいです。

口呼吸は何故ダメなのか…

医学博士の西成克成先生の本「究極の免疫力」

に詳しく書かれています。

口呼吸を治して、鼻呼吸にしたことで、病気が治った方もおられるそうです。(^O^)/

 

それだけの原因ではないと思いますが…

なんでも早く、他との違いに不安になる…などの、日本人の習慣。

こういった事が、ネックになっているのかもしれませんね…σ(^_^;)

 

ピアノの上達もそうです。^o^

早く上達する、ではなく、初歩に必要な事をしっかりレッスンしていく事で、先に

素敵な演奏が出来るようになり、素敵な大人に成長してくれると思います。

グリュックピアノ教室では、初歩の頃のレッスンを重要視し、絵本を取り入れた

ピアノレッスンをしています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^o^)/

 

関連記事

聴いて貰うことの大切さ

ピアノや楽器を演奏する時、第3者に聴いて貰うことは、とても大切です。 「練習の時は、弾けてたの

記事を読む

縦割りの良さとは

幼児教育でも、色んな教育方針の園がありますが、その中で、縦割りクラス。 異年齢混合の縦割りクラ

記事を読む

絵画のような絵本のご紹介

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を使っています(^∇^) 数多くある絵本の中で、

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

何故、表現力が大切なのか

ピアノ演奏に大切な表現力。 表現力豊かな、小学校2年生のKちゃん。 幼稚園の頃から音楽付

記事を読む

子ども達の感性を磨く、大事な事とは

音育 ピアノ教室は、子ども達の耳を育て、心を育てる場所です。 つまり、音育です。幼児期には最

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑