楽しく覚える方法とは

公開日: : 最終更新日:2015/01/06 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

和音は三色団子、と最初は形で覚える。

形で覚えて頭にインプットされたら、今度は鍵盤を見る。

3どは、鍵盤の形を見たら、1つ飛ばしの音。

ドミソ

1つの音がわかれば、1つずつ、飛ばしていけば良い、という事になります。

つまり、1つがわかれば、全部の和音が理解出来るようになっていきます。

形で覚えて、パッと見ただけで、指の広げ方や、鍵盤の距離感が分かるようになると、譜読みがとても速くなりますよね。

子ども達は、形や、絵から入ると、楽しんで、速く覚えるようになります。

漢字でもそうですよね。

例えば、口や木、月や山など漢字をイラストのようにして書いてあげると、楽しいですよね。

私は子どもの頃、そんな風に教わった記憶があります。

2歳くらいの生徒さんが、指番号を覚える時も、2はアヒル、3は耳、などイラスト付きで見せて、その後、手遊びで覚えてもらうようにしています。

幼稚園の頃から、ピアノ演奏付き読み聞かせが大好きな、7歳のKちゃん。

image

最近絵本も、綺麗な絵の、絵本を選んでいるみたい。(*^_^*)

綺麗な絵、綺麗な形が好きで、漢字も大好きだそうです。

形でとらえているのでしょうね。

漢字の宿題をする時、とっても丁寧に書けていて、いつも先生に褒めらているそうです。(^.^)

 

新年の挨拶が遅れました…σ^_^;

あけましておめでとうございます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今年もよろしくお願いします。

今年もグリュックピアノ教室では、絵本を使った自然に表現力を養える方法や、子ども達が楽しく学べるように、レッスンしていきます。

大人の方にも楽しんで上手になって貰えるように、心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^_−☆

関連記事

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

レッスンに必要なバランスとは

バランスが良い事は、何にでも必要ですよね(^^) 食事のバランス、栄養のバランス。 ピア

記事を読む

自分に自信が持てる子に育つ秘訣

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』 これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。 褒

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

習い事の意味とは

習い事。 お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

リズム感が良くなる方法

以前にリズム感は後天的に 身につく、と書きました。 リズム感はピアノ以外でも必要ですよね^o^

記事を読む

表現が先? テクニックが先?

ピアノのレッスンのイメージって、どんな感じですか? リズムはメトロノームで! とか強弱な

記事を読む

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

ピアノ教師の存在

グリュックピアノ教室の生徒さんは、1歳7ヶ月のお子様から、80歳の大人の方まで。 Tさんは、先

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑