楽しく覚える方法とは

公開日: : 最終更新日:2015/01/06 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

和音は三色団子、と最初は形で覚える。

形で覚えて頭にインプットされたら、今度は鍵盤を見る。

3どは、鍵盤の形を見たら、1つ飛ばしの音。

ドミソ

1つの音がわかれば、1つずつ、飛ばしていけば良い、という事になります。

つまり、1つがわかれば、全部の和音が理解出来るようになっていきます。

形で覚えて、パッと見ただけで、指の広げ方や、鍵盤の距離感が分かるようになると、譜読みがとても速くなりますよね。

子ども達は、形や、絵から入ると、楽しんで、速く覚えるようになります。

漢字でもそうですよね。

例えば、口や木、月や山など漢字をイラストのようにして書いてあげると、楽しいですよね。

私は子どもの頃、そんな風に教わった記憶があります。

2歳くらいの生徒さんが、指番号を覚える時も、2はアヒル、3は耳、などイラスト付きで見せて、その後、手遊びで覚えてもらうようにしています。

幼稚園の頃から、ピアノ演奏付き読み聞かせが大好きな、7歳のKちゃん。

image

最近絵本も、綺麗な絵の、絵本を選んでいるみたい。(*^_^*)

綺麗な絵、綺麗な形が好きで、漢字も大好きだそうです。

形でとらえているのでしょうね。

漢字の宿題をする時、とっても丁寧に書けていて、いつも先生に褒めらているそうです。(^.^)

 

新年の挨拶が遅れました…σ^_^;

あけましておめでとうございます。ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今年もよろしくお願いします。

今年もグリュックピアノ教室では、絵本を使った自然に表現力を養える方法や、子ども達が楽しく学べるように、レッスンしていきます。

大人の方にも楽しんで上手になって貰えるように、心がけています。

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^_−☆

関連記事

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

子ども達の集中力を持たせる方法とは

幼児期の子ども達の集中力は短い、とよく耳にしますが… 短いというのは  無い、とは違うのです。

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

音楽性を引き出す

幼児期の子ども達、色んなタイプの子がいます(o^^o) 言いたい事を言える子と、言えない子。

記事を読む

即興〜作曲へ

即興のコツは、絵本を使ってするのが近道だと書きました。 絵本は絵のイメージや、物語りから表現が

記事を読む

明けましておめでとうございます^o^

明けましておめでとうございます( ^∀^) 今年もあっという間に明けてしまいました〜 年

記事を読む

男の子のレッスン

K君、まだ3歳になったばかりの男の子。 絵本が大好きで、絵本の弾き語りの時は、じ〜っと聞き入っ

記事を読む

体験レッスン(3歳のYちゃん)

今日、3歳のYちゃんの体験レッスンに行って来ました。 グリュックピアノ教室が、いつもレッスンの

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑