表現力がパワーアップする方法

公開日: : 最終更新日:2014/10/19 ピアノレッスン, リトミックレッスン, 絵本を使ったレッスン

昨日のレッスンで、生徒さんのお母様が、嬉しいことを言って下さいました。(o^^o)

「今までと、選ぶ絵本が違ってきました」と。

「ピアノを習う前は、図書館や、本屋さんで、子どもぽい感じの絵本を選んでいた

のに、最近は、色彩や、絵のタッチがすごく綺麗な絵本を、選ぶようになったん

です〜」とおっしゃっていました。

嬉しいです〜^_−☆

Kちゃんは、本を読むときも、表現力がとても豊かなんです。o(^_^)o

グリュックピアノ教室では、表現力アップや感性が豊かになる、絵本を取り入れて

ピアノレッスンやリトミックレッスンをしています。

質の高い、絵画のような、大人が見ても綺麗な絵本を使い、

絵本の弾き語り(ピアノ演奏しながらの絵本の読み聞かせ)を、レッスンの時に必ず

行います。

ミュ-ジックツリ-

もともと絵本は、感性を豊かにさせてくれる物ですが、

場面にあった、ピアノのメロディーを乗せることで、芸術的センスが、

パワーアップします。(^^)

自分で絵本を読むときにも、自然と音楽が流れてくるようになります。

幼児期から小学校低学年までの時期は、感性や、表現力、芸術的センスの吸収力が

すごいです。

特に幼児期には、スポンジのように吸収します。

良い音楽を聴く事は、胎教に良い、と言いますよね。

これは産まれてからでも同じです。

良い音楽を聴いたり、美しい絵本を見るなど、

吸収力のある時期に、良い環境を与えてあげることが、とても大切です。

絵本と音楽で表現力をつけるピアノ教室に、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ

下さいねv(^_^v)♪

吹田市を中心に、豊中市、摂津市にて、出張レッスンにお伺いしています。

 

関連記事

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

ピアノが楽しく弾けるようになる秘訣

この間、ピアノレッスンを楽しくするポイントとは、というタイトルで、幼児期から 小学校高学年や、

記事を読む

楽譜を形で覚える

以前、「最初から両手で弾くことが大事な訳」の所で、楽譜は形で覚える方が良い、と書きました。 子

記事を読む

国語力も育つ、ピアノレッスンとは

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンにも、リトミックレッスンでも、ピアノ 演奏付き、絵本の

記事を読む

怒らない育児の誤解

褒め育て これはとても良いこと。 褒めることで子ども達の気力をアップさせます^ ^

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

タイミングを掴む

幼児のお子様をレッスンする時に、大切なことは沢山ありますが、レッスンを進めていく上で、ここだ!ってい

記事を読む

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

解ってしまうってすご〜い!!

今日は、曲をアレンジし過ぎて失敗?と言うか、怒らせてしまったお話を書こうと 思います。

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑