幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた

いで、眠くて泣いちゃってたのですが、髪に結んでいたリボンのキャラクターの喋り

方の真似をしたら…

ニコニコ顔に〜(*^_^*)

復活がすごく早いんですよね〜(o^^o)

今日の絵本は、

image

「マリーちゃんとおおあめ」

「大雨でお家にまで水が入ってきちゃって大変! 大変!   みんな2階に逃げます!」

と迫真の語り?

に、「ええ〜っ!」って真剣な顔!

感受性が豊かなNちゃん、いつも、絵本弾き語り(ピアノ演奏をしながらの絵本の

読み聞かせ)  で何かを感じとってくれます。

その後、音楽に合わせて、絵本に出てきた動物になります。

弟のヨシ君も一緒に〜

ウサギさん、ブタさん、ロバさん、などなど…

 

ピアノを弾く方では、今日は、気になっていた、指の形の練習

口だけで説明するのでは、幼児さんにはわかりずらいので、これを見て

image

真似してもらいます。

良くない形と良い形、両方見せることが、子ども達には分かりやすいみたいです。

Nちゃんは、頑張りやさんなので、一生懸命に弾こうとし過ぎてしまいます。

指の形や音の出し方など、分かりやすく、色んな方面からアプローチ…

徐々に、手の形も良くなり、音も綺麗になってきました〜^_^

グリュックピアノ教室では、子ども達が楽しんで学べるよう、工夫してレッスンして

います。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいねo(^_^)o

 

関連記事

初見で楽譜を読むことの大切さ

7歳のKちゃん。 年始の久しぶりのレッスンです。   Kちゃん、

記事を読む

親の背を見て子は育つ

4月に年長さんになったIちゃん。 絵本が大好きで、表現力豊かなしっかり者の女の子。

記事を読む

メトロノームは演奏に必要?

メトロノーム。 楽曲のテンポを一定に保つ為の機械。 つまり、一定の間隔でリズムを刻んで音

記事を読む

人の心を動かすほどの表現力

ある本に、日本人はミスタッチを探し過ぎる傾向がある、と書かれていました。 以前に、即興で素敵な

記事を読む

楽譜を覚える前に(子ども編)

子ども達に、楽譜を覚えて貰う覚え方は、大人の方とは少し違います。 子ども達は、楽しく、遊び感覚

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

遊びから学ぶ

遊びから学ぶ 遊びは、想像力を育みます。 大人にとっては、遊びとは悪いイメージがあります

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

何故、ピアノのレッスンに絵本を使うのか

グリュックピアノ教室では、ピアノのレッスンにもリトミックレッスンにも、必ず 絵本を使います。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑