幼児さんのレッスンの進め方

4歳の生徒さんNちゃん、お家にお伺いした時は、お昼寝を途中でお越しちゃったみた

いで、眠くて泣いちゃってたのですが、髪に結んでいたリボンのキャラクターの喋り

方の真似をしたら…

ニコニコ顔に〜(*^_^*)

復活がすごく早いんですよね〜(o^^o)

今日の絵本は、

image

「マリーちゃんとおおあめ」

「大雨でお家にまで水が入ってきちゃって大変! 大変!   みんな2階に逃げます!」

と迫真の語り?

に、「ええ〜っ!」って真剣な顔!

感受性が豊かなNちゃん、いつも、絵本弾き語り(ピアノ演奏をしながらの絵本の

読み聞かせ)  で何かを感じとってくれます。

その後、音楽に合わせて、絵本に出てきた動物になります。

弟のヨシ君も一緒に〜

ウサギさん、ブタさん、ロバさん、などなど…

 

ピアノを弾く方では、今日は、気になっていた、指の形の練習

口だけで説明するのでは、幼児さんにはわかりずらいので、これを見て

image

真似してもらいます。

良くない形と良い形、両方見せることが、子ども達には分かりやすいみたいです。

Nちゃんは、頑張りやさんなので、一生懸命に弾こうとし過ぎてしまいます。

指の形や音の出し方など、分かりやすく、色んな方面からアプローチ…

徐々に、手の形も良くなり、音も綺麗になってきました〜^_^

グリュックピアノ教室では、子ども達が楽しんで学べるよう、工夫してレッスンして

います。

吹田市、豊中市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせくださいねo(^_^)o

 

関連記事

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

長い目でみて〜^ ^

点で見るのではなく、線で見る。 今見えている部分は点の部分。 そこで判断せずに、長い目で

記事を読む

子ども達ってやっぱりすごい!

秋ですね〜 セミの声が聞こえなくなり、夕方に秋の虫が鳴きだしました〜 季節を肌で感じるこ

記事を読む

音を聞く力がつく方法 その1

今回は、聞く力はどのようについてくるのか、書きたいと思います。 グリュックピアノ教室では、長所

記事を読む

季節を感じ、表現力へ

季節を感じる事は表現力を高めます。 グリュックピアノ教室の生徒さん達、みんな大好きな絵本の音楽

記事を読む

好奇心を引き出す

5歳になったばかりの女の子  Iちゃん。 レッスンを始めてから2ケ月目。 いつもレッスン

記事を読む

リズム練習の特徴

演奏する前に大切なことは、色々ありますが、特に楽器演奏にはリズム感が必要です。 リズム感は生ま

記事を読む

絵本から溢れ出るメロディー

一昨日、大好きな絵本屋さん、フィネサブックスさんに行ってきました〜^_−☆ レッスンに使ってい

記事を読む

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

自然にイマジネーションが膨らむ

ピアノを演奏する時にとても大切なこと。 「自分がどう表現したいのか?」 ピアノ演奏には、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑