Warning: count(): Parameter must be an array or an object that implements Countable in /home/pianohp/gluckpiano.com/public_html/wp-includes/post-template.php on line 284

音楽と数学の繋がり

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

楽譜を読むこと。

子ども達は、図形として形で見ることが得意です。

音符は連なっています。これを塊で読む。

ふよみ

つまり、音符を1つ1つ読める事と並行して、図形を見るように、塊で読むことが譜読みには大切なんです。

 

6歳になったばかりのY君。

優しくて、とっても純粋な男の子です。

幼稚園なのに、ホロっと嬉しいことを言ってくれたり…  本当、純粋なんですよね。

ずっとこのままでいて欲しいな〜(o^^o)

Y君、楽譜を読むのがすごく得意。

有名な曲、例えばトルコ行進曲や、月の光なども読めてしまいます。

最近、だんだんと指も動くようになってきているので、先に弾けるようになった時がとっても楽しみです。

Y君は暗算も得意で、この間、小学2年生用のドリルを解いていました。

imageやっぱり、音楽と数学的理論は似ているのかもしれませんね。

でもY君、最近、それに加えて、表現力もアップしてきました。

「ここからここまではスラーだよ」って言うと、その間をとっても滑らかに綺麗に弾けるし、「この部分は暗い感じだよ」って言うと、暗い表現で弾いてくれます。

ピアノを演奏することは、数学的要素に加えて、表現力や想像力も豊かになります。

音楽は文系で、数学は理数系じゃないの?と思われるかもしれませが、実は共通点が多いんです。

音階を作ったのは、数学者のピタゴラス。

数学的な手法で音階を割り出したようです。

数学者の中に、音楽の道に進むつもりだった方も多いようです。

アインシュタインも、音楽愛好家だったそう。\(^o^)/

 

3年生の女の子、Kちゃん。

ここ2年No2

分数がでてきた時、ピアノで習ってるからわかるよ!と言っていました。

ピアノを習うことは、表現力、想像力、集中力が豊かになるのはもちろんのこと、数学的な理解につながる要素も持っています。(^∇^)

楽しくレッスンする事で、色んなことを吸収出来ます。

幼児、児童期は可能性がいっぱい。(⌒▽⌒)

グリュックピアノ教室は絵本を使ったり、楽しんで学べるピアノ教室です。(o^^o)

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいでご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(^ ^)

関連記事

音楽がリアル感を増す

3歳のK君。 感受性豊かな男の子。(^∇^) 絵本の弾き語りが大好き。 レッスンで

記事を読む

子ども達の健康とピアノの上達

今日は、子ども達の健康のお話。 オーストリアや他のヨーロッパに行くといつも思うのですが

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

音楽を身体で感じることの大切さ

リズム感が良い人は、体で音楽を感じることが自然に出来ています。 ブラックミュージックや、ブルー

記事を読む

習い事の意味とは

習い事。 お母さんの立場に立った時、たくさんある習い事の中で、お子さんに合う事を探すのは、悩む

記事を読む

仲良く、時には刺激も必要…

姉妹でレッスンを受けてくれている生徒さんが何組かいらっしゃいます。^o^ お姉ちゃんが最初に習

記事を読む

音楽用語は難しい??

音楽用語とは、作曲者が楽譜に記したメッセージ。 実際に作曲家が使われた意味とは、もしか

記事を読む

表現力を引き出す力

表現力。 子ども達はみんな持っています。(^ ^)   表にすぐ

記事を読む

感動する心を育てる為に

曲に感動する心を育てる。 これは音楽だけではなく、いろんな事に感動出来る、感受性豊かな子に育ち

記事を読む

バスティンってどんな教材?

グリュックピアノ教室では、バスティンの教材を使ってレッスンしています。 バスティンの教本とは、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑