クリスマス会

公開日: : 最終更新日:2015/12/29 ピアノレッスン, 障がい児の音楽レッスン

週1回、障がい児のデイサービスに音楽遊びのレッスンに行っています。

昨日はそこのクリスマス会でした〜(^∇^)

2つの施設合同で、40人くらいの子ども達が来ていました。

みんなでサンタのお絵かき歌から始まり、赤鼻のトナカイの歌のフレーズから探し物ゲーム、スタッフさんにトナカイになって貰ったり。

かぶり物が怖いKちゃんがいるので、リアル感は禁物…f^_^;

その後みんなでジングルベルの合奏、そして最後は恒例の演奏付き絵本の読み聞かせ。

今日は「こまったこまったサンタクロース」

image

みんなどこに扉があるのか、真剣に探していました〜(o^^o)

image

いつもより人数が多いので、私の声がなかなか通らず…f^_^;でしたが、みんな楽しんでくれていました。(^∇^)

重度から軽度の障がいを持った子ども達、異年齢の子が来ていて、大きいお兄ちゃんが小さい子の面倒を見たり、小さい子がお兄ちゃん、お姉ちゃんに遊んで貰ったり…

普段あまり触れ合う機会のない状況に、子ども達なりに、工夫して接っする事が、とても良い事ですよね〜^o^

自分達で考える、工夫する事は、異年齢交流に限らずとても大切。

幼児期、児童期に考える力を養うことが出来ます。

グリュックピアノ教室では、障がいを持ったお子様、発達障がいのお子様のレッスンも受け付けております^_^

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいねo(^▽^)o

 

 

 

関連記事

身は美しいとは

躾とは… 身は美しい、とかきます。 私の母は、私が22歳の時に天国に行っちゃったのですが

記事を読む

癒しが大切な理由

癒される… 人によっても違うと思いますが、やはり音楽は最適ですよね(*^^*) 生徒さん

記事を読む

吸収力の凄さ

“3歳”という年齢はとっても重要。 3歳までの過ごし方が、人生の土台を作るともいわれています。

記事を読む

障がい児デイサービスでの1コマ

障がい児のデイサービスや、リトミックでよく使うフラフープ。 1、2歳から小学生まで、みんな大好

記事を読む

マンネリにならないレッスンとは

ピアノは同じ曲を、何回も練習しなければいけません。 そこで、気をつけなければいけないことは…

記事を読む

好奇心をくすぐるレッスンとは

3歳のYちゃん。 レッスンし始めて、3ヶ月目。 1歳の弟のT君の面倒もよく見る、しっかり

記事を読む

イメージを音で表現すること

グリュックピアノ教室では、心で感じたり想ったりしたことを音で表現することを重要視しています。

記事を読む

音楽は心を育てる

小学校3年生のKちゃんのお母さん、音楽好きな方なのでピアノだけしていれば、感性や表現力が育つ、と考え

記事を読む

やり遂げる力を養う

モンテッソーリ教育。 私はピアノ教師になる前、幼児教育の勉強を実践することが必ず必要だ

記事を読む

弾きたい曲を弾く事の大切さ

ヨーロッパのピアニストが、コンサートのアンコールに選ぶ曲は… 「自分が弾きたい曲」です。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑