自然に音楽と繋がる

公開日: : 最終更新日:2016/01/02 ピアノレッスン

姉妹や兄弟でレッスンさせて頂いてる生徒さんが、何組かいらっしゃいます^ ^

年が離れている姉妹、YちゃんとKちゃん。

2人とも同じ時期にレッスンし始めて、10ヶ月め。

Yちゃんはとっても妹思いで、想像力が豊かな、中学1年生の女の子(^O^)

学校では、吹奏楽部でトロンボーンを吹いているんです。

グリュックピアノ教室では、レッスンの中で絵本を使うのですが、Yちゃん、絵本の場面に曲をつけていく時、本当にイメージに合った曲を弾いてくれるんですよね〜

自然に絵本のイメージからメロディが出てくるみたいで、それも、現代曲っぽい素敵なメロディラインなんですよね〜

妹のKちゃんは天真爛漫な小学2年生の女の子。(*^^*)

リズム感が抜群。

かな3

パーカッションがしたいみたいなので、レッスンの中で民族楽器などを使って、リズムを刻む練習も取り入れています。(^∇^)

Kちゃんもリズムに乗る時、自然に手が動いている感じ。

この自然に!

好きな事、向いている事は、構えなくても自然に出来ちゃいます。

ピアノのレッスンのなかでも、どの事がその子に向いているのか、しっかり見極めることが大切ですね(^^)

兄弟と言えば、ワルツ王のシュトラウス。

毎年オーストリアで開かれるニューイアコンサートでは、シュトラウス父、長男、次男の曲が演奏されます。

2016年の指揮は、マリス・ヤンソンスさん。楽しみですo(^▽^)o

皆様、今年もブログを読んで頂きありがとうございましたm(_ _)m

来年も、よろしくお願い致します。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

 

関連記事

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

叱ると怒るの違い

「叱る」「怒る」 辞書で調べてみると同じような意味が書かれていると思うのですが、これは大きく

記事を読む

年齢にあったピアノ教育

子供のためのコンクール。 レベルは色々ありますが、課題曲が4曲以上もある大掛かりなコンクールな

記事を読む

リズムの重要性とは

《リズム》 音楽にはなくてはならないもの。 初歩の頃に、リズムを学ぶことは、先々のリズム

記事を読む

年齢に応じて…

3歳のMちゃん。 少し恥ずかしがりやさん(^.^) ホームページを見て下さって、絵本の弾

記事を読む

no image

ピアノを演奏することで何かが活性化する?

ピアノを演奏することで、身につくこと それは… 表現力が高まる、耳が良くなる、純粋な物に

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法

ピアノのレッスンが他の習い事と違うのは、練習をしなければいけない、という事。 練習することが日

記事を読む

自立の第1歩

自立とは… 人の手を借りないで、自分で何かをやり遂げること 子ども達には、大人がそれを促

記事を読む

即興のコツ Part2

以前、即興のコツは、子ども達のように真っ白な心で、イメージをそのまま表現すると書きました。 今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑