三つ子の魂百まで

公開日: : 最終更新日:2016/02/02 ピアノレッスン, 幼児教育

三つ子の魂百まで

3歳ごろまでに受けた教育によって形成された性質・性格は、100歳になっても根底は変わらない、という意味。

赤ちゃんが産まれてから、歩いたり、言葉を理解し、話せるようになるまでの3年間の急成長ぶりには目を見張るものがあります。

グリュックピアノ教室では、3歳までの生徒さんが何人かいますが…

最年少の1歳10ヶ月のSちゃん。

意志の強い女の子。

従姉妹のお姉ちゃん3人のアイドルです。

いつも抱っこして貰ったり、遊んで貰ったり…

こちらは従姉妹で3年生のKちゃん。imageKちゃんのお家で、妹のSAちゃんそしてSちゃん、3人、順番にレッスンしています。

まだSちゃんは、レッスン始めて3ヶ月なのですが、お母さん曰く、ピアノを習い始めてから急に、よく歌うようになったとか…

それも1回歌ったら、歌詞とメロディをすぐに覚えちゃうんです。

片言の日本語で歌うのが、また可愛いいんですよね〜(≧∇≦)

でもSちゃん、今、第1反抗期真っ只中。

何でもイヤイヤ〜な時期に突入中σ(^_^;)

DSCN0210

この間のレッスンの時も、イヤイヤ〜って泣いちゃってたのですが、絵本しよっか〜と言って絵本を見せると…

ふっと泣き止んで「うん!」(*^^*)

その時の絵本はこちら「ちっちゃなほわほわくん」

image

それから絵本の音楽付き読み聞かせをして、無事に笑顔でレッスン終了〜

やっぱり絵本ってすごいです。(⌒▽⌒)

3歳までの時期に、絵本をたくさん読んであげること、音楽に触れることは、本当に大切。

絵本や音楽は、感動を与え、好奇心を刺激します。(^_^)v

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています。

吹田市、豊中市、摂津市、大阪市東淀川区にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

最初から両手で弾くことが大事な訳

初心者の頃は、片手づつで弾く⇨両手で弾く、と思いがちです。 私達が子どもの頃も、そういう風に教

記事を読む

個性のある演奏とは

ピアノの帝王、と言われていた、アルトゥール・ルービンシュタイン。 独特の奏法で知られるアルフレ

記事を読む

個性を生かすレッスン

小学校2年生のKちゃん。 毎日、ピアノを弾いてから学校に行く程、ピアノを弾くのが大好きな女の子

記事を読む

創造力を養う秘訣

作曲、と言うと大人の方は難しく考えてしまいます。 でも適当に、鼻歌を歌うのも作曲です。

記事を読む

子ども達が上達するコツ

ピアノ教室は他の習い事よりも、お家での練習が大事です。 でも「練習してきてね」だけではお家で練

記事を読む

自立心を育てる

自立心を育てることに必要な事とは… 自分で考えて、やり遂げることを数多く体験させてあげること。

記事を読む

幼児期に必要なこと

幼児期〜児童期は、純粋で、真っ白な混じり気のない状態。(^^) この状態の時は、吸収力が凄いで

記事を読む

リズムのコツ

リズム。 グリュックピアノ教室では、子ども達がリズムを分かり易く覚える事が出来るよう、色つき音

記事を読む

モチベーションをアップさせる魔法の言葉とは

モチベーションをアップさせる↗︎↗︎↗︎ 「褒める」 この事は、皆さん実践されて

記事を読む

即興やアレンジに必要な事とは

グリュックピアノ教室では、子ども達に、楽譜通りに弾くだけではなく、アレンジや 即興などをして、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑