こだわりが大切な理由

公開日: : 最終更新日:2015/08/01 ピアノレッスン, 障がい児の音楽レッスン

こだわり。

皆さん持っていると思います。

こだわりとは、信念、ポリシーがある事。

こだわりが強いことで、個性が伸びていきます^_^

もっと言えばこだわりがあるからこそ才能が伸びるのではないかと…

モーツァルトや、ベートーヴェンもこだわりが強かったからこそ、人々を感動させる程の、名曲を作れたのではないかと思います。(^_−)−☆

3歳のN君。

発達障がいの男の子。

発達障がいの子は特に、1つの事にこだわりがあります(^∇^)

レッスンを始めてまだ2回目。(体験レッスンを入れて3回目)

お母様は、N君に色んな楽器に触れて貰いたい、と思っていらっしゃいます。

体験レッスンの時は、見た事もない色んな楽器に興味津々。

でも、その次のレッスンでは、楽器によっては嫌な楽器も…

こだわりが強いので、よ〜く考えてレッスンを進めていく事が大切。

体験の時は、色んな楽器に触れる事に凄く興味を持っている感じだったのですが…

レッスンを進めていくうちに、じっと座って取り組む事が、得意だとわかってきました。

みんな大好きな色付きリズムカードで、リズム打ち。

カ-ド音符

読譜の導入は、ホワイトボードでドミソシレファ!

ふよみ

カエルさんに変身! など楽しんで!

N君は、集中して取り組んでくれます(*^_^*)

お母様は少し、以外だったみたいです。

これから、N君が楽しみながらレッスン出来るように、工夫していきたいと思っています。

グリュックピアノ教室では、障がい児のピアノレッスンも行っています。

ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね(o^^o)

 

 

関連記事

綺麗な音を出す秘訣とは

綺麗な音で弾くこと。 グリュックピアノ教室が大切にしている事です。 どうすれば綺麗な音が

記事を読む

楽譜って難しい??

楽譜を読むことについて、今までにも色々書いてきました。 楽譜を読むことは、音符を読むことだけで

記事を読む

感覚、センスを磨く

センスが良いとは… センスとは感覚のこと。 つまりセンスが良いとは、感覚が優れているとい

記事を読む

レッスンの要

一番肝心な、要とも言える初歩のレッスン。 最初が肝心とよく言いますが、本当にそうだと思います。

記事を読む

子ども達に接するとき

Hちゃん。 想像力も表現力も豊かな5歳の女の子。 いつもとっても元気で、保育園で

記事を読む

障がい児デイサ-ビスの優しい子ども達

毎週土曜日は、障がい児のデイサ-ビスでの音楽リズムの日。 ここの施設には、軽度から重度の障がい

記事を読む

連弾で学べること

連弾。 コラボでは、相手に合わせる、つまり、調和が大切です。 調和が取れていないと、バラ

記事を読む

大人と子どもの違い

大人と子どもは理解の仕方が違います。 音楽付き絵本の読み聞かせをしていても、子ども達の反応は、

記事を読む

曲を作る基本

グリュックピアノ教室では、作曲が出来る生徒さんが多いです。 初歩の頃に絵本の弾き語りを取り入れ

記事を読む

初見は両手で!の訳とは

片手ずつの練習 私達が子供の頃はこの練習が主流でした。 でも実は、これでは楽譜を読むのに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑