絵本+音楽=表現力

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 ピアノレッスン, 絵本を使ったレッスン

グリュックピアノ教室で、みんな大好きなピアノ演奏付き絵本の読み聞かせ。

絵本と言えば幼児期の物と思いがちですが、高学年にもとっても大切。

もうすぐ小学校6年生になるR君。

とっても想像力が豊かな男の子です。

R君、妹のYちゃん、弟のK君、みんな絵本が大好き。

image

私の生徒さん皆そうですが、レッスンがまだ始まる前から、「今日の絵本は?」と楽しみにしている様子。

絵本には、絵画の様な素敵な物がたくさんあります。

物語もとても重要ですが、絵本は絵画の様な大人が見ても美しいと思える本。

そして、表現が溢れ出てくる様な物を選んでいます。

絵本複数の

R君のお家では小学校2年生になる妹のYちゃん、R君、そして先月からは、お母さんもレッスンする事になりました。

練習の時は、ピアノの取り合いだそうです。嬉しいですね(^∇^)

良い意味でみんなライバル。

いつも賑やかな、音楽好きなご家族です(o^^o)

 

絵画と言えば、この間、京都市美術館のモネ展に、行って来ました〜^o^

印象派の絵は、観ていて本当に癒されます( ̄▽ ̄)

image

どの作品も素敵だったのですが、特に《テュイルリー公園》は、写真かと思うくらいに鮮やかで、それでいて繊細な画風に吸い込まれそうになりました。

image

絵画や絵本には表現が詰まっています。

その詰まっている表現を引き出してくれるのが、音楽の力。

グリュックピアノ教室では、ピアノレッスンに絵本を取り入れています

吹田市、豊中市、摂津市にお住まいで、ご興味のある方、お気軽にお問い合わせ下さいね^o^

 

関連記事

リズムのコツ(タイを使う??)

3連符。 4分音符、1拍を3つに分ける。 この間、3連符は、ホールのケーキを3等

記事を読む

マンツーマンの良さ

人見知り。 お家ではよく喋るし、明るいんだけど、人前に出るとおとなしくなってしまう子。

記事を読む

純粋な感性

子どもたちには、それぞれ見方や感じ方に個性があります。 大人の感じ方は、偏ってしまっている場合

記事を読む

楽しく覚える方法とは

以前、「楽譜を形で覚える」の所で、和音の読み方について書きましたが、少し補足したいと思います。

記事を読む

自分に自信が持てる子に育つ秘訣

『褒める事は、最も優れた、しつけの方法』 これは、幼児心理学者が語っていた言葉です。 褒

記事を読む

子ども達のお手本とは

育児向けの本に、「子どもは真似の天才である」と書かれていました。 レッスンしていると、本当にそ

記事を読む

子どもの頃から本物を

今日は、お休みなので、京都のカフェでブログを書いています。 ここのカフェは本店が美味しいフレン

記事を読む

表現のつぼみが開くとき

5歳の生徒さん、Tちゃん。 いつも、新鮮な気持ちにさせて貰っています。 子ども達の感覚っ

記事を読む

個性が光る

発達障がいの男の子。 4歳になったばかりのN君。 レッスンを初めて、9ヶ月目。 慎

記事を読む

練習がしたくなる様に導く方法2

この間、練習をしたくなる様に導く方法で、 宿題も楽しめる様に。 ピアノのを練習したくなるような環

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • banner banner banner

PAGE TOP ↑